黒色ワナビーの住処

フリーゲーム・ブラウザゲームをやりながら筋トレで体を鍛えるブログ

病気のオカンを救うため『杏仁豆腐を求めて』をプレイしたった

      2015/06/18

先日紹介した『インフレクエスト』ですが、予想以上の盛況っぷりにちょっとばかし驚いています。

『インフレクエスト』を扱った実況プレイ動画が次々にアップされていますが、それを見て思うのは、やっぱりあのゲームは実況向きだったんだなぁー、と。
みんなでワイワイ突っ込みを入れながら楽しむのに、あれひど適したフリゲも中々ないでしょうね。まだ未プレイの方は一度ニコ動で『インフレクエスト』の実況動画をご覧頂いて、興味がわいたら実際にプレイされてみることをオススメします。

さて。前置きはこのくらいにしまして、と。

本日紹介するゲームも『インフレクエスト』と同様まっくすさんが製作したRPG作品になります。その名も『杏仁豆腐を求めて』!

杏仁豆腐を求めて01

作品自体は2013年1月7日に完成しており、とっくの昔に配布もされていたようなのですが、お恥ずかしいことに私がこのゲームを知ったのはつい先日。まっくすさんが本作品のPR動画をニコ動に投稿し、それがゲームカテゴリのランキングに掲載されてからでした。いやはや、情弱で申し訳ない。

 

スポンサーリンク

 

さて、上でも述べたように本作品のジャンルはRPG。なのですが、実際にはアクション、ギャルゲ、シューティングなどといったさまざまなジャンルの複合作品となっています。

コンセプトは全力でクソゲーを作る、とのことで、プレイしてみるとなるほど納得。確かにこれはまごうことなきクソゲーです(笑)

杏仁豆腐を求めて02

オープニングから事前説明なしの厨二ワードを連発、ダンジョン内の宝箱はことごとく空という有様で、プレイヤーの神経を無駄に逆なで。

その一方で登場モンスター数は5000体、大ボリュームのミニゲーム、ギャルゲパートではプロの声優を起用などなど注目ポイントも盛りだくさん。

クソゲーの評に偽りはありませんが、全力の部分にも偽りはないようです。

クソゲーを作ろうとしてクソゲー以外の何かになってしまっている感じですね。コーン入りクソゲーとでも言うべきか……。

キャラクターの移動速度、一本調子の戦闘パートなど、意図していない部分でクソの香りがする部分も多少ありますが、シナリオを進めていくうちに不思議とハマってしまうタイプの作品ではあります。

個人的に気に入っているのが、一部のモンスターを仲間に出来るシステム。仲間になるモンスターが中々カワイイのですよ、えぇ。

杏仁豆腐を求めて03

杏仁豆腐を求めて04

現在、わがパーティでともに戦ってくれているソリーリャちゃんとケットバスちゃん。カワイイ(確信)

っていうか、ケットバスの所持アイテムが「まえばり」ってなってるんですが、それは? まぁいいか。ぽよんぽよん。ボイーンボイーン。

あ、RPGの重要な要素であるシナリオですが、特に気にしなくていいと思います。全力要素とクソゲー要素のどちらかといったらクソゲー要素の方に属しますので(笑)

ざっくり説明すると病気の母親のために伝説の杏仁豆腐を探しに出る話です。それが全てです。

というわけでクソゲーのようでクソゲーじゃない、でもやっぱりクソゲーな『杏仁豆腐を求めて』、興味をお持ちいただけたのならば是非遊んで見てください。

ダウンロードはこちらから。パスは7878だそうです。

あとプレイするのにRPGツクール2000のランタイムパッケージ(RTP2000)が必要となりますのでお持ちでないかたはそちらも併せてDLしてください。

最後に余談ですが……

まっくすさん、アンタさっちん好き過ぎるやろーーーーー!!

杏仁豆腐を求めて05

序盤ダンジョンで出現するにも関わらず、経験値150といった優遇っぷり……。出にくいのが玉に瑕ですが、さっちん狩りでレベリングするのもありかも。

 - フリーゲーム , ,