黒色ワナビーの住処

フリーゲーム・ブラウザゲームをやりながら筋トレで体を鍛えるブログ

理不尽?快感? レベルを上げて物理で殴るRPG『インフレクエスト』を遊んで見た

      2015/06/07

なんだかんだで三月になりましたね。

三月と聞くと春のイメージですが、まだまだ寒い日々は続きそうで。今晩から明日に掛けて関東甲信越の山沿いには雪が振るみたいな話も出てますが、そちらも少し心配だったりします。

まぁ、お天道様の都合はこちらが悩んでも仕方がないのでひとまず置いておくとしましょう。

最近、集中的に行っているニコニコ自作ゲームフェス作品の紹介ですが、本日も新しいゲームを紹介させていただこうと思います。

タイトルは『インフレクエスト』、製作者はゲーム実況者としておなじみの「まっくす」さん。鬼畜難易度で有名な『I wanna be the guy』のプレイ実況などで有名な方ですね。

私自身ニコニコ動画は結構見ている方で、「まっくす」さんの実況もいくつか見てはいたのですが、なんというかゲーム作りまで出来たんですね、この方。

ただのドMゲーマーじゃなかったんだ……。

さて、ゲームそのものに関してですが、この『インフレクエスト』、名は体を表すといわんばかりに経験値、所持金、レベルが凄い勢いでインフレしていくRPGです。

もう色々とめちゃくちゃ(笑)

「この肉良いよって肉屋が嘘ついたから、今日は魔王討伐記念日」と言わんばかり
のぶっ飛んだオープニングも大概でしたが、いざプレイを始めて見るとそんな瑣末ごとはどーでもよくなりました。

まず、自宅の箪笥に経験値が入っている。なぜ箪笥に経験値と疑問に思う間もなくレベルが5上がる。

町はおろか自宅から一歩も出ることなくレベルアップするRPGってこれまでありましたっけ?

その後も教会でお祈りしていたらレベルが上がる。墓荒らしをして武器を手に入れる。金持ちの家からは金を盗み出す。二回、三回と盗みだして、これは無尽蔵に盗めるんじゃないかと思った矢先に警備兵登場。有無も言わさずゲームオーバーというような怒涛の展開。

これ全部最初の町での出来事です。

ネタ詰め込みすぎでしょ、「まっくす」さん。

そんなこんなで突っ込みどころ満載なイベントをこなしている内に、レベルはどんどん上がっていきます。一般的なRPGだったらレベル100が上限になっている場合が多いと思うんですけど、この作品の場合、レベル100くらいなら最初の町近辺で雑魚狩りしているだけで簡単に超えられますからね。

インフレクエスト01

上の画像はゲーム終盤に撮影したスクショですが、レベルは50万を超えています。あとちょっと頑張ればフリーザ様よろしく「私のレベルは530000です」とか出来そうですね。

こういったレベルのインフレ具合は本作品の大きな特徴だと思います。

もう一つの特徴が理不尽さ。先の説明でお金を盗んでいたら兵士に気づかれてゲームオーバーになったという話をしましたが、本作品では上記以外にも戦闘外での一発ゲームオーバーが非常に多いです。

それでも先のようにお金を盗む→警備兵に処刑されるといった合理性のある流れなら良いのですが、話を進めれば進めるほど理不尽な一発アウトが増えてくる。

例えば、町の井戸を覗き込んだ瞬間に幼女に背中を押されて死亡(幼女こわい)、城の中を走り回っている子供にぶつかられてゲームオーバーなど、プレイヤーの選択が絡まない部分での突然死が結構多い。

本作は一応クリアまで進めたのですが、クリアするまでの死亡要因は戦闘ではなく、こういったイベント関連が大半でしたね。

「まっくす」さんらしいといえばらしい仕掛けですが、正直アレは勘弁して欲しかったです。

あと、戦闘システムについても触れておきましょうか。

本作品の戦闘システムは非常にシンプル。使うコマンドは「こうげき」と「ぼうぎょ」の二種類だけ。

「こうげき」を選ぶと、キャラクターが前列に移動し自動的に敵を攻撃してくれます。
「ぼうぎょ」を選ぶと、後列に移動し敵から受けるダメージを半減します。また後列に居る時は上下にキャラを移動させることが出来るので、うまく移動させることで敵の攻撃を避けることが出来るようになっています。

インフレクエスト02

プレイヤーの周りに出ている矢印が攻撃エリアですね。この矢印が無い部分にキャラクターを移動させましょう。うまくやれば敵の攻撃を食らうことなく一方的に攻撃することも可能です。

もっとも結構な確率で全体攻撃をしてきますので、全ての攻撃を避け切って勝つということは不可能なんですが。

ちなみにキャラを前列に戻して「こうげき」するためには、キャラの配置を後列中央にする必要があります。

フィールド移動中のキー入力の関係で、戦闘突入時点でキャラが上下に移動してしまっていることがあるのですが、その場合はいったん中央に戻してあげないと「こうげき」コマンドを押しても反応してくれません。

初プレイのとき、このことに気づかず3回ほどゲームオーバーになりました(笑)

この戦闘システム、シンプルですが適度なアクション要素を含んでいて面白いです。ブラッシュアップすれば化けそうな感じ。

出来れば回復コマンドとか、逃亡コマンドは欲しかったですけど。

このゲーム、同一ダンジョン内でも強い敵、弱い敵が入り混じってたりするんですけど、回復コマンドとかのリカバリー手段がないので、運悪く強い方の敵と連続で遭遇しちゃった場合はどうしようもなくなってしまうんですよね。

普通ならそういうのを防ぐためにこまめにセーブを行ったりするんでしょうけど、本作の場合、連続撃破による経験値ボーナスがあるために出来ることならダンジョン内ではセーブをしたくない。うーん、ジレンマです。

なんというか、このゲームってテンポの良くなる要素とテンポの悪くなる要素とが凄いごちゃ混ぜになってるんですよね。

レベル上昇とかに凄い爽快感を感じる一方、理不尽なゲームオーバーに滅茶苦茶ストレスを感じたり。

正直言うと、プレイ中に何度か投げそうになった時もあったんですが、終わってみれば、これって実は凄く実況に向いているゲームではないか、と。

一人でプレイする上ではストレスでしかない理不尽なゲームオーバーも、ゲーム実況というスタンスでやる上では笑いに出来ます。

連続撃破数を伸ばしてレベルをガン上げしてるところに突如強敵が連続で登場してゲームオーバー、貯めに貯めた経験値は全てパーみたいな萎える状況も、ゲーム実況的にはちょっとオイシかったりしますし。

そういう意味ではニコニコ自作ゲームフェス参加作品らしい作品という評価になるのでしょうか。

個人的なオススメ度ですが、ゲーム実況など複数人でわいわい突っ込みを入れながらプレイするのであれば○、一人で黙々とプレイするなら△といったところでしょうか。

あぁ、言い忘れてました。まっくすさんのファンなら◎です。ファンなら即DL、即プレイ、即クリアです!

インフレクエストのダウンロードはこちら!
(PASSは7878だそうです)

——–追記——–

攻略上のポイントとかをこちらの記事にまとめたので、宜しければ参考にされてください。

 - フリーゲーム , , ,