黒色ワナビーの住処

フリーゲーム・ブラウザゲームをやりながら筋トレで体を鍛えるブログ

隙間時間を使って棋力向上!? iPhoneアプリ『初段の手筋』を購入してみた!

      2014/02/22

どうも、くろわなです。

関東圏は未だ大雪の影響で大変なようですが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?大事になってなければ宜しいのですが。

私の方は今回の大雪の被害から外れた地域に住んでいるため、普段と何一つ変わらず過ごしております。将棋も指してます。そして負けます(笑)

さて、将棋ウォーズでまずは初段を目指そうと息巻いて早二ヶ月。
相変わらず三級付近でうろちょろ(いちおー弾丸の方は2級に上がりました)している私ですが、いい加減真面目に棋力アップをしたいなと思いまして。

で、将棋に限らず何事においても勉強のコツというのは隙間時間の有効活用なわけです。具体的には通勤電車内での過ごし方とか。

以前は電車内でも将棋ウォーズをやっていたのですが、電波状態の悪い環境での対局のため接続切れの多いこと多いこと。

普通にやっても勝率五割なのに、そんな外的要因で勝負を落としていては昇級なんて夢のまた夢。

そんなわけで電車内では将棋ウォーズを封印し、何か別のオフライン状態でも動作可能な将棋アプリは無いかと探していたわけです。

そんな中で見つけたのが、この『初段の手筋』というiPhoneアプリ。

初段の手筋トップ画面

序盤・中盤・崩しに寄せ、受けと役立つ202の手筋が紹介されており、ボリュームは十分。

その他にもランダムに選ばれた収録手筋を次の一手形式で出題する「初段認定試験」や「実践譜解説」、そして私個人が最もオススメする「定跡解説」など棋力向上に役立つコンテンツが盛りだくさんです。

初段の手筋メニュー画面

先ほどオススメと書いた「定跡解説」ですが、収録されている定跡は

「矢倉(3七銀戦法)」
「矢倉(森下システム)」
「矢倉(対右四間飛車)」
「相掛かり(2六飛型)」
「相掛かり(2八飛型)」
「角換わり(先手棒銀)」
「角換わり(腰掛銀)」
「角換わり(一手損角換わり)」
「四間飛車」
「石田流」
「ゴキゲン中飛車」
「向飛車」

といった具合に、主要な戦法は一通り抑えられています。

また定跡解説の中で、候補手が複数あるような場合は分岐した局面に対しても紹介および解説が加えられており、私のような級位者(しかも特定戦法しか指せない応用力のない人間)にとっても非常に分かりやすい大満足の仕上がりとなっています。

これまで述べたように基本的には満足のいく仕上がりとなっているのですが、あえて難点を付けるとしたら、

・実践譜解説が少ない
・稀に駒の配置に誤りがある場合がある

といった点が少し気になるでしょうか。

前者については、現在実践譜として紹介されているのが「第十九期竜王戦の第三局、佐藤康光棋聖vs渡辺明竜王」の一局のみであり、ボリューム的には正直不満が残ります。

内容的には定跡解説同様、非常に参考になる仕上がりですので、今後コンテンツが追加されることを期待したいです。

後者に関しては、まぁ、アレです。盤上に飛車が3枚あるとかそういう系です。この手のアプリでは割とよくあるタイプのウッカリミスですね。解説を読めば正しい局面は理解出来るので、この点についてはさらっと流して置きましょうか。今後のアップデートで直せる問題でしょうし。

というわけで、細々とした問題点は残るものの全体としては非常によく作りこまれた、かゆいところに手が届く将棋アプリだと思います。

冒頭で書いたように、隙間時間を使って棋力向上を図るにはまさにうってつけのアプリと言えるでしょう。

これだけ多機能で、お値段は全機能解放しても400円とお買い得です。一部の手筋については追加機能を購入しなくても無料でも閲覧出来ますので、まずはアプリ本体を無料ダウンロードしてみて雰囲気をつかまれてみてはどうでしょうか?

かなりオススメな将棋アプリです!

iTuensストア『初段の手筋』紹介ページ

 - 将棋