黒色ワナビーの住処

フリーゲーム・ブラウザゲームをやりながら筋トレで体を鍛えるブログ

BackWPupでエラーが出た時の処方箋【サーバー環境:ロリポップ、保存先:Dropboxの場合】

      2015/05/07

慢心、ダメ、ゼッタイ!

というわけで、当ブログのバックアップを取得しておこうと思い立ったわけです。調べてみたところ『BackWPup』というwordpressプラグインが機能、使い勝手ともに良い感じ。

『BackWPup』プラグインの何が素晴らしいかっていうと、

・アップロードしたファイルはもちろん、記事内容やプラグイン設定などのデータベースもまとめてバックアップが出来る
・スケジュール機能が付いているので毎日決まった時間に自動でバックアップ開始。うっかりバックアップを忘れて大惨事ということも回避!
・バックアップ先は複数のサービスから好きなものを選べて便利!(FTP、Dropbox、Amazon S3、SugarSync、Microsoft Azure、RackSpaceCloudなど)
・エラー発生時は登録したメールアドレスに通知を飛ばしてくれるので、もしもの時も迅速な対応が可能!

とまぁ、無料でここまで出来ていいのだろうかと思うくらいの至れり尽くせりっぷり。

では早速『BackWPup』をインストールして、バックアップに必要な設定を実施しましょう。このプラグインの初期設定に関しては以下のブログを参考にさせていただきました。

BackWPup – Webサイトを丸ごとバックアップできるWordPressプラグイン

そんなこんなで無事に初期設定を終えたのですが……

何度バックアップを実施してもエラーが出てバックアップが完了しない!

何回やっても何回やってもバックアップが出来ないよ~♪

エラーログを見てみると「ERROR: No destination correctly defined for backup! Please correct job settings.」となっていた。要するにバックアップ先が正しく設定されてないよってことらしい。

Dropboxを保存先に設定していたのだが、何がいけなかったんだろうと設定画面を見てみると……

BackWPupのDropbox承認エラー

あれ、Dropbox側のアプリ認証がされていない?
正しく認証されていれば赤枠で囲った部分の「Not authenticated!」の部分が「Authenticated!」に変わるはず。

認証したつもりで設定忘れしてたのかなぁと思い、再度認証手続きを行ってみたのですが、何度やっても「Not authenticated!」のまま。んんん?

流石に何かおかしいと思い、Google先生に教えを請うてみたところ、この不具合に対しては、
・BackWPupをバージョン2.xxまで下げて認証する。
・Google Analytic’s for WordPressプラグインを使用している場合は停止する
といった方法で改善する場合があるとのこと。

しかし、いきなりダウングレードもどうかと思うし、Google Analytic’s for WordPressプラグインに関しては使って無いしなぁ、と悩んでいたらありました。私の悩みに答えるナイスな記事が!

BackWPupプラグインの不具合、エラー対策

上記記事によると、Google Analytic’s for WordPressプラグインを使っていない場合でもプラグイン停止は有効とのことで、干渉している可能性のあるプラグインを全停止した状態で認証を行えば解決する可能性アリとのことでした。

私の環境でも全プラグインを一時停止した状態でDropboxのアプリ認証を行い、無事認証成功。その後全プラグインを有効に戻しましたが問題なさそうです。

ただ元記事でもありますが、停止することで設定が飛ぶプラグインもあるので、その辺りは事前確認と注意が必要ですね。

その部分さえクリア出来れば、「Google Analytic’s for WordPressプラグインの停止」とか「BackWPupのダウングレード」とかの工程をすっ飛ばして、いきなり全プラグイン停止でも問題なさそうです。その辺りは各々の環境と要相談とのことで。

さて、これで今度こそバックアップ出来るだろうと思って見ていたら、またまた別のエラーが。

今度は「ERROR: No MySQLi extension found. Please install it.」というエラー。

今度は何やねん!と思いつつ調べて見たところ、BackWPup Ver.3.x からは動作環境としてPHP 5.3.3以上+MySQLiが必要とのこと

MySQLiというのはよく分からないが、とりあえずサーバー管理画面でPHPのバージョンを確認してみる。
(左メニューのWEBツール内にあるPHP設定の項目をクリック!)

ロリポップのPHP設定画面

案の定PHPのバージョンが古かったので、「すべてのドメイン」の「PHPバージョン」を「5.4」に変更。変更が反映されるまでに10分程度掛かるらしいので、少し時間を置いてから再度バックアップテストを実施。無事成功!
(注意:PHPのバージョンアップにより不具合を起こすプラグインなどもあるそうなので、実施時にはお気をつけください)

いやぁ長かった。だけど非常時への備えは大事ですよね。

慢心、ダメ、ゼッタイ! (まだ言うか)

 - ブログ運営 ,