黒色ワナビーの住処

フリーゲーム・ブラウザゲームをやりながら筋トレで体を鍛えるブログ

第五回ウディコン優勝作品『帝国魔導院決闘科』を遊んでみた

      2015/06/07

内容はタイトル通り。今更感が凄いが気にしない。気にしてはいけない。気にしないでください。

というわけで今回遊んだタイトルは『帝国魔導院決闘科』。第五回ウディコンで優勝に輝いた作品なのでいろいろと期待できそうです。ちなみにゲームジャンルは新感覚育成パズルADVとのこと。なんじゃそりゃ。以下、多少のネタバレ含みます。了承のうえドゾ。

まずはオープニングから。ここで簡単な舞台設定および本ゲームの目的が説明される。いわく、

・主人公は帝国魔導院の決闘科というところに属している。
・決闘科では様々な世界から集められた様々な種族が日夜しのぎを削っている。
・決闘科の最上位クラスに属するものが全力で戦うと周囲への被害が大きいため、このクラスの者同士が戦う場合は事前に使用する技3つを申請し、1ターン1技ずつ交互に繰り出すことで勝敗を判定する(ゲームシステムにかかわる部分)
・最上位クラスでは登場人物たちは名前ではなく役職で呼ばれる。主人公の場合はそのまんま主人公と呼ばれる。ゲーム内の他のキャラ達からも主人公と呼ばれる。

とまぁ、こんな感じの説明を学園側からされた主人公。腕試しも済ませて自室に戻るとなぞの目玉が!?この目玉からさらに追加の説明がされるのですが、その内容というのが、

・世界を滅ぼす異界の神が50日後にやってくる。
・異界の神を滅ぼして欲しいので、滅ぼせるだけ強くなってくれ
・具体的には最上位クラスのランキング1位を倒せばOK(ゲームの目的)
・達成できるまでは何度でも50日間を繰り返すからよろしくな。

とまぁ、割りと軽い感じで振られた世界救済クエスト。おまけに本ゲームはどうやらループもののようだ。

と、オープニングで上のようなことをまくし立てられた後はひたすらランキング上位をぶちのめしていくだけのゲームなのだが、このゲームの戦闘システムはなかなかに斬新である。

上にも書いたように各キャラクターが使用する技はあらかじめ決められているので、基本的には相手の使用する技に対して相性の良いものを選択して勝ち進んでいくという流れになる。

が、各技ごとに発動のための判定条件があり、また相手の技を妨害する効果、その妨害を打ち破って行動する効果などが定められているため、どの技をチョイスするかが非常に難しい。

うまく使えば相手に一切の行動をさせずに完封できるのだが、下手を打てば逆にこちらが何もさせてもらえないなんて状況にも陥る。確かにこの戦闘システムはパズルっぽい。

帝国魔導院決闘科プレイ画像
こんな感じで相手の使用する技が表示される。初めて戦う相手の場合は技のステータスが伏せられた状態になっているので、とりあえず挑戦→玉砕→判明した相手の技に合わせてスキルセットを繰り返すのがこのゲームにおける基本戦略だ。

最初は使える技も限られているのだが、倒した相手と友好関係を築くことでどんどん使える技は増えていく。スキルの相性によってはランキング下位より上位のほうが倒しやすいということもあるので、とにかく片っ端から挑戦→使用可能スキルをひとつでも増やす→ループして再挑戦とやっていくのが攻略のコツか。

帝国魔導院決闘科プレイ画像2

このゲーム、なんといっても色んなスキルを組み合わせて相手を攻略していくのがとても楽しい。

反面ストーリーはあっさり気味か。キャラクターは個性的だし、技習得時のイベントで意味深なセリフが出てきたりもするのだが、結局それらが回収されることなく終わってしまった。

もっともストーリーはこれくらアッサリな方がパズル的な戦闘を活かす上では良かったのかもしれない。ループ物である以上、過度な演出はダレる要因にもなるし。

そんなわけで大変楽しませていただきました。皆さんも宜しかった遊んでみてください。

—-現在公開済みの『帝国魔導院決闘科』攻略記事—

38位から30位までの攻略情報はこちら
29位から25位までの攻略情報はこちら
24位から20位までの攻略情報はこちら
19位から15位までの攻略情報はこちら
14位から10位までの攻略情報はこちら
9位から5位までの攻略情報はこちら
4位から1位までの攻略情報はこちら

 - フリーゲーム , ,