黒色ワナビーの住処

フリーゲーム・ブラウザゲームをやりながら筋トレで体を鍛えるブログ

坂を擬人化? 『ながさき坂道むすめ』が色んな意味で凄い!?

      2015/08/19

ご当地萌えキャラの歴史に新たな一ページが刻まれたようです。

長崎の街づくりに取り組む団体「DEPαRTURE」と「MODAL」が、長崎市内の坂道を擬人化した「ながさき坂道むすめ」を企画・作成しました。

町おこしの一貫として萌えキャラを使う取り組みは以前からありましたし、近年では「艦これ」「とうらぶ」に代表されるような擬人化キャラがブームでもありますが、まさか坂道を擬人化するとは。

もはや何でもありですね。いいぞ、もっとやれ!

 

スポンサーリンク

 

突っ込みどころ満載? 『ながさき坂道むすめ』の魅力紹介!

総勢21名? 個性が豊か過ぎるイラストが魅力?

この「ながさき坂道むすめ」、キャラクター作成にあたって多数の絵師さんが参加していますが、良くも悪くもイラストの方向性がバラバラで見ていて面白いです。

如何にもな感じの萌え系イラストがあるかと思えば、妙にゆるーい感じのイラストがあったり。他にもやたらと昭和臭がするタッチのモノや、「小さなお友達が書いたのかな?」と思えるモノも。

ちなみに個人的なお気に入りキャラは「トロトロ坂」ちゃんです。

「トロトロ」という名前とあいまって、なんかエロいです(笑)

 

えっ、そんな坂あり? 擬人化する坂のチョイスが絶妙!?

いや、私も長崎の坂について、そんなに詳しいわけではないんですけどね。

それでも町おこしのために擬人化するならば、対象となる坂にはそれなりの「格」というものが必要だと思うんですよ。

その点「オランダ坂」とか「下り松裏の坂」辺りは、格調高そうな雰囲気があってイイと思います。

でも、「自動車学校下の坂」って何?

長崎の風情とか異国情緒とか、そういうものが一気に吹っ飛ぶ脱力感。
大丈夫なんですかね、これ?

それとも私が知らないだけで、この「自動車学校下の坂」っていうのは、長崎を代表する由緒正しき坂なんでしょうか?

うーむ。わからん。

 

突っ込みどころ満載?な「坂道むすめ」よろしくね!

所々にやっつけ感アリアリな「ながさき坂道むすめ」。
この「やっつけ感」が、かえって独特の味を生み出したようにも思えます。

九州ご当地キャラとしては、くまもん一強の状態が続いていますが、その牙城を打ち崩すことは出来るでしょうか?

観光市場の活性化のためにも、互いに競い高めあうような関係になれれば良いですけどね。

「ながさき坂道むすめ」キャンペーンサイトはこちら

 - 時事ネタ