黒色ワナビーの住処

フリーゲーム・ブラウザゲームをやりながら筋トレで体を鍛えるブログ

メルカリに赤ちゃん出品!? 他メルカリで起きた炎上事件まとめてみた!

   

大人気フリマアプリ「メルカリ」で病気の赤ちゃんが出品されるという事件が起こり、ネット界隈で物議をかもしています。

商品イメージとして使用された画像が、とある病院のWEBサイトから拾ってきた画像だったため、話題性狙いのジョーク投稿だと思われますが、そうだとしても気分の悪い話には違いありません。

「メルカリ」は2013年の配信以来、スマホから簡単に商品の出品・購入が出来るとして人気を博しているフリマアプリです。一方で、出品者・落札者間でのトラブルや、今回の赤ちゃん出品のように、炎上を目的とした悪戯出品も後を絶ちません。

今回は、注意喚起の意味もこめて、過去にメルカリで生じた様々な炎上商品についてまとめてみようと思います。

 

スポンサーリンク

メルカリに出品された炎上出品まとめ

炎上商品その1:姉の耳

一時期だいぶ話題になっていたのでご存知の方も多いかもしれません。

「姉の右耳です」というコメントとともに、顔面から剥ぎ取った状態の耳が出品される事件がありました。

あえて画像を掲載することはしませんが、剥ぎ取った耳には髪の毛や血が付着しており、かなりグロテスクな画像だったのを覚えています。

その後の調査で、問題となっている耳の画像は特殊メイクなどを行っている西村映造さんのブログから盗用した画像ということが判明したのですが、初めて見たときのインパクトは中々のものでした。

 

炎上商品その2:PS4の写真(類似パターン多数)

PS4の画像を掲載し、その写真を2万円で販売した事件ですね。
一種の詐欺と言ってもいいでしょう。

この事例では、商品説明の中で「1枚限りの写真です」と書かれてはいましたが、商品カテゴリがゲームとなっていたり、落札希望者とのやり取りで写真であることに触れずにやり取りをしていたりと、購入者が勘違いすることを狙って作られた商品ページでした。

騙そうという悪意を持って出品されたことは間違いないでしょう。(まぁ、写真に2万の値段をつけてる時点で詐欺る気まんまんですが)

なお、類似パターンとして、iPhoneの箱だけ出品などもありますので、メルカリに限らずフリマアプリやネットオークションを利用される方はご注意ください。

 

炎上商品その3:うちの息子

過去には「うちの息子」というタイトルの商品が出品されたことがありました。
今回の赤ちゃん出品と似たような状況ですね。

商品の状態を「全体的に状態が悪い」としている点も、今回の事件と共通しています。

恐らく冗談のつもりでの出品だったとは思いますが、見ていて気分のよいものではありません。

該当ページは即削除されたため、その後どのように事態が推移したのかは不明です。

 

炎上商品その4:赤ちゃん

冒頭で取り上げた件ですね。

画像が広いモノであることなどから、こちらも炎上狙いの出品であるとは思うのですが、気分が悪くなることには変わりありません。

今回の出品では、商品説明の欄に「赤ちゃん欲しかったけど、病気になったからいらない」「死ぬ前に買ってね」などの身勝手なコメントが書かれており、性質の悪さに一層の拍車をかけています。

こちらの出品についても、該当の商品ページは既に削除されていますね。

なお、この件については現在進行形(5/31時点)でTwitter上で拡散合戦が行われていますが、拡散元と思われるアカウントは鍵付アカウントに移行してるんですよね。(20時16分現在)

余りの反響の大きさに怖くなったとの見方も出来ますが、どうなんでしょう。

まぁ、まとめ系ブログとかにも引用されてましたし、逃げたくなったとしてもそれはそれで当然のことではありますが。

 


以上、メルカリで話題になった炎上商品まとめでした。

これまで見てきたように人間などを出品するという悪戯はメルカリでは割と頻繁に行われている行為です。

この手の出品を見て胸糞が悪くなる気持ちもわかりますが、出品者の狙いが話題性集めであるならば、下手に騒ぎ立てずにスルーするというのが、一番有効な対応なのかもしれません。

とまぁ、こんな記事を書いてる人間が言っても説得力ないわけですが。

 - 時事ネタ