黒色ワナビーの住処

フリーゲーム・ブラウザゲームをやりながら筋トレで体を鍛えるブログ

大阪都構想、世論は反対派リード! 女性は反対派が多数、そのワケは?

      2015/05/27

朝日新聞社と朝日放送(ABC)が9、10両日に行った大阪市民対象の電話世論調査では、都構想に「賛成」が33%、「反対」が43%だった。男女別では男性が賛成39%、反対41%と拮抗(きっこう)したが、女性は賛成27%、反対44%と賛否の差が大きく開いた。

元記事:大阪都構想、橋下氏が女性票に注力 反対派は引き締め

大阪都構想は反対派がリードですか。

元記事以外にも各種メディアが個別に世論調査を実施しているようですが、どの調査結果を見ても反対派が優勢となっているようです。

特に女性および高齢者は反対派が賛成派を圧倒していますね。
逆に男性では、賛成派がやや優勢となっています。

年代別に見ると、高齢者層および20代の若年層に反対派が顕著に多いですね。

何故このような結果になったのでしょうか?

スポンサーリンク

大阪市民は馬鹿にされている?

今回の大阪都構想、勢力図を簡単にまとめてしまいますと、橋本さん率いる維新の会が賛成派、それ以外の自民・民主・共産が反対派という構図です。

なんとまぁ、自民と民主・共産が手を組んじゃいました。ある意味凄い構図です。
菅官房長官がこの状況に対して「理解出来ない」とコメントを出したそうですが、確かに全く理解出来ません(笑)

参考:菅官房長官「理解できない」 反対各党の合同街頭演説に

 

で、反対派が大阪市民に向けて行っているキャンペーンなんですが、これが中々に愉快です。

都構想の問題点を説明するわけでもなく、「分からなければ、とりあえず反対を」と言って回ってるそうですから。

参考:【大阪都構想】反対派の主張「分からない人はとりあえず反対を」 対する大阪市民の反応

凄いですよね。 「とりあえず反対を」なんて有権者を馬鹿にしたような発言を、大阪の自民・民主・共産が揃って放言しているんですから。

 

要するに今回の反対派多数という結果に関しては、元々持っていた組織票に加えて、政治に無関心な層が「とりあえず反対」を投じた結果と言えるようです。

そう考えると女性および若年層の反対派が多数だった理由も納得出来るような気がします。
高齢者に反対派が多いのは、各政党の組織票か、単に既得権を保持したいかのどちらかだと思います。
(きちんと政策を踏まえた上で反対された方には失礼な言い方になりますが)

 

気になる住民投票の結果はどうなるか?

さて、世論調査では反対派優勢の結果となりましたが、本番投票ではどのようになるのでしょうか?

先ほど述べたように反対派の大多数が政治的無関心な層だとすれば、この層が実際の投票に行く可能性は限りなく低いですから、賛成派にもワンチャンあるように思えます。

もっとも賛成派だって必ず投票に良く保証はありませんし、何といっても反対派が抱えている組織票の大きさが怖いところでもあります。正直、どっちが勝つか全くわかりません。

 

いずれにしても大阪の行く末を大きく左右する住民投票。

あいにく私は大阪在住ではありませんので、投票に参加はしませんが、しっかり行く末を見守らせて頂きたいと思います。

 

にしても、「とりあえず反対」って。衆愚政治とはこのことか……。

 - 時事ネタ