黒色ワナビーの住処

フリーゲーム・ブラウザゲームをやりながら筋トレで体を鍛えるブログ

ドローン規制法の概要が公開! ドローン規制ってどこまで必要?

      2015/05/27

やはり来ましたね、ドローン規正法。

自民党がまとめた小型無人機「ドローン」規制法案の概要が11日、判明した。首相官邸など国の重要施設の敷地上空をドローンの飛行禁止区域とし、違反者に1年以下の懲役か50万円以下の罰金を科す。週内にも党内手続きを済ませて議員立法で国会提出し、早期成立を目指す。

元記事:ドローン規制法案、懲役1年以下 官邸上空など飛行禁止、自民

 

官邸ドローン事件以降、法整備の必要性を指摘する声は多々ありましたが、ようやく具体的な形が見えてきた感じです。

法案全文を読んだわけではないので、ハッキリとは言えませんが、元記事を読む限りでは飛行禁止区域の制定および違反時の罰則取り決めを主とした法案のようです。

ドローンそれ自体を規制するのではなく、それの使い方を制限するという意味で妥当な法案だと思います。

罰則にしても懲役1年以下、罰金50万円以下というのは重すぎず、軽すぎずな良い塩梅ではないでしょうか?

スポンサーリンク

国の重要施設以外では規制なし?

少し気になる点としては、今回の規制で対象と施設の範囲ですかね。

どうやら規制対象となるのは国の重要施設限定のようですが、他の施設(私有地や公園など)でドローンを飛ばして、被害が発生した場合の対処はどうなるんでしょうね?

 

つい先日も、善光寺の祭事の最中にドローンが墜落する事件があったばかりですし。

 

幸いにしてあの時は人の居ないところに落ちたので大事にはなりませんでしたが、仮にけが人が出たり、施設の一部が破損したりとかしたらどうなってたんですかね?

普通に傷害罪や器物損壊罪あたりでしょっ引かれていたのでしょうか?

 

言うまでも無いことですが、人ごみの中にドローンが墜落するようなことになれば危険ですし、ドローンにカメラを搭載して私有地上空を飛ばすようなことすれば、プライバシー侵害の問題も出てきます。

国の施設じゃないから飛ばしても大丈夫、そんな曲解に繋がらないかが少し心配だったりもします。

 

既存のラジコン飛行機などに対して、飛行規制ってあるのか?

最近は何かとドローンのことばかり取り沙汰されますが、個人が無人機(ラジコン飛行機など)を飛ばすこと自体は昔からあったんですよね。

そういったモノに対しての飛行規制とかって無かったんでしょうか? 少し調べてみました。

結論から言うと、飛行機などの飛行に影響を及ぼす恐れのあるエリア(空港周辺など)以外は、特に規制はないようです。

参考:クワッドコプターの飛行に制限はあるの、許可・申請はいるの? 

それ以外の場所、例えば市街地・人が多い場所での飛行については、所有者側のモラル・マナーに委ねられているようです。

それで目立ったトラブルは起こっていないことを考えると、一般施設に関する規制などは現状必要ないのかもしれません。何もかも規制というのは正直好きじゃないですし。

 

ただ利用者が増えれば増えるだけ道理を弁えない人種が沸いてくるのは世の常です。

ドローンが一般化した結果、それによるトラブルが増えるというのであれば、改めて何らかの規制が必要となる事態もありえるでしょう。

 

また、これから屋外でのイベントを主催される方は、ドローンなどの無人機対策を別途検討する必要があるかもしれません。

ある程度以上大きなイベントになれば、ドローンを飛ばして無許可撮影をしようと試みる不埒者が沸いても不思議ではないので。

 - 時事ネタ