黒色ワナビーの住処

フリーゲーム・ブラウザゲームをやりながら筋トレで体を鍛えるブログ

祝・軍艦島が世界遺産に登録勧告。ところで登録勧告って何さ? 他、今後の課題とか

      2015/05/27

軍艦島など複数の施設で構成される「明治日本の産業革命遺産 九州・山口と関連地域」が世界遺産に登録勧告されたそうで。

それに関しては素直に「おめでとうございます」といった感じなんですが、ちょっと気になったのが「登録勧告」って言葉。

「登録勧告」は「登録」とは別物なんですよね?
勧告って付くくらいだから、誰かに登録してくださいよ~って伝えるって意味なんでしょうけど、一体誰が誰に伝えようとしているのでしょうか。

今回はその辺りを含めて、世界遺産登録の流れについて見ていきます。

軍艦島
Photo Credit : by Hisagi (氷鷺) – Licensed under CC 表示-継承

スポンサーリンク

世界遺産登録の流れ(文化遺産候補の場合

ある物件を世界遺産に登録しようとした場合の手続きは以下のようになります。

1.政府担当機関がその物件を含んだ世界遺産候補のリストを暫定リストとしてユネスコ世界遺産センターに提出

2.政府担当機関は暫定リストの中から準備の整ったものを推薦

3.ユネスコ世界遺産登録センターが諮問機関(文化遺産の場合はイコモス)に評価以来を出す

4.イコモスが現地調査を行い登録可否を勧告する(登録、情報照会、登録延期、不登録の4種)

5.イコモスの勧告を踏まえて世界遺産委員会で最終審議(登録、情報照会、登録延期、不登録の4種)

6.正式登録

というわけで、冒頭の誰が誰にっていう疑問の答えは、「イコモスがユネスコに~」ということになりますね。

なお、今回登録勧告を受けた軍艦島ですが、6月にドイツで開かれる世界遺産委員会での審議を経て正式登録となる予定です。

軍艦島世界遺産登録へ向けての今後の課題

先ほど予定と書きましたが、登録勧告を受け遺産が最終真偽で正式登録されない場合はあるのでしょうか。

滅多に起こることではないようですが、諮問機関の勧告が最終審議段階でひっくり返されるということはあり得るようです。

特に今回は、韓国が軍艦島の世界遺産登録に反対しており、委員国に対し登録を取りやめるよう書簡を出しているとの報道もあります。
(参考元:韓国、「侵略の歴史美化」日本の産業革命遺産登録に重ねて反対

正直いちいち相手するのも億劫な感じがしますが、好き勝手にロビー活動させとくと、本当に土壇場で不登録なんてことになりかねないので、政府関係者にはその辺りの対策をキッチリやって頂きたいものです。

また、無事登録が済んだとしてもそれで終わりではありません。

世界遺産登録された建築物に関しては、景観や環境の保全が儀見付けられるのですが、軍艦島は老朽化した鉄筋コンクリートのアパート群が立ち並ぶ島です。

保全するのも楽な仕事ではありません。

長崎市の試算によるとアパート全ての保存を目指した場合、総費用は147億円掛かるそうです。
(参照元:軍艦島の保存策 年度内に策定へ 長崎市

当然、そんな税金を投入してまで軍艦島を保全するべきなのかといった意見も出てきます。

お金の問題以外にも、保全という名目で軍艦島に人の手が入ること自体に懸念を感じている方もいます。

私個人としても下手に手を入れるよりかは、廃墟は廃墟のまま朽ちさせていく方が美しいと思うんですけどねぇ。

色々見てきましたが、軍艦島の世界遺産登録勧告、素直に喜んでばかりもいられないようで。

この記事を3行でまとめると

・イコモスがユネスコに軍艦島を世界遺産に登録するよう勧告を出したよ
・韓国が軍艦島の世界遺産登録に反対しているよ
・無事世界遺産登録されたとしても保全のやり方・保全のための費用など問題山盛りだよ


以下、余談。

軍艦島のことを調べている際に知ったのですが、シンガーソングライターの故・岡崎律子さん。
彼女って、軍艦島の出身者だったんですね。

アニメソング・ゲームミュージックなどを中心に沢山の名曲を生み出した彼女ですが、個人的に印象深いのは「シンフォニック=レイン」の楽曲ですね。

シンフォニックレイン ボーカルアルバム「RAINBOW」

どこか物悲しい、それでいて芯の部分で優しさと強さを感じるような楽曲の数々。大好きでした。

「シンフォニック=レイン」というゲームでは、雨が作中における重要なモチーフとなっているのですが、まさにその雨のような感じとでも言いましょうか。

長々と振り続ける雨は陰鬱だけど、それと同時に安らぎのようなモノをを感じてみたり。

自分の中での岡崎さんの曲のイメージってこんな感じなんですよね。
(明るいノリのいい曲も勿論あるんですが)

 - 時事ネタ