黒色ワナビーの住処

フリーゲーム・ブラウザゲームをやりながら筋トレで体を鍛えるブログ

EWWW Image Optimizerが使えない時の救世主? 画像圧縮プラグイン『Kraken Image Optimizer』の設定と使い方!

      2015/08/10

とある事情で、これまで愛用していた「EWWW Image Optimizer」の使用を止め、別の画像圧縮プラグインである「Kraken Image Optimizer」を使うことになりました。

この記事は、私が「EWWW Image Optimizer」の使用を止めた理由と、「Kraken Image Optimizer」を使うようになった経緯をまとめたものです。

スポンサーリンク

私が「EWWW Image Optimizer」の使用をやめ、「Kraken Image Optimizer」を使うようになるまで

前置き:wpXにサーバー移転してから画像アップロード時に圧縮エラーが出る!?

先日サーバーをロリポップからwpXに変えたのですが、実は移転直後に画像アップロード関連でちょいとトラブルがありまして……。

記事作成中に画像を挿入しようとするとアップロード段階でエラーを吐き出し画像の挿入が出来なくなってしまいました

何度かアップロードをやり直すも全てダメ。

どうしたもんかと悩みながら、あちこち弄ってみたところ、どうもサーバー側のuploadフォルダには該当画像がちゃんと格納されている模様。

なんじゃこりゃ? わけワカラン? ということでGoogle先生に泣きついたんですが、どうやら「EWWW Image Optimizer」が原因だったようです。

色々調べてみたんですが、wpXサーバーの仕様としてexecコマンドが使えないために「EWWW Image Optimizer」が動作不良を起こしているんだとか。

実際、wpXサーバーで「EWWW Image Optimizer」プラグインをインストールし、有効化しようとすると「EWWW Image Optimizer requires exec(). Your system administrator has disabled this function. 」というエラーが出てしまい上手くいきません。

というわけで、「EWWW Image Optimizer」を停止し、アンインストール実行。

これで画像のアップロードおよび記事への挿入が出来るようになりました。

めでたしめでたし?

画像アップロード出来るようになったのはいいけど、画像圧縮はどうするのさ?

ちゃんと記事に画像を挿入できるようになったのは良いんですが、これまで画像の最適化を「EWWW Image Optimizer」に依存していたので、ちょっと困ってしまいました。

しばらくは何の圧縮もせずにそのままアップしていたんですけど、流石に画像サイズが大きすぎたのか、サイト速度評価系のスコアが軒並みダウン。こりゃアカンということで代わりのプラグインを探すことに。

まず目についたのが、「WP Smush.it」というプラグイン。
Yahooの無料WEBサービス「Smush.it」を経由して画像圧縮を行ってくれるプラグインのようですが、大元の「Smush.it」が既にサービスを停止しているようで使い物にならず。

次の候補として上がったのが、「ShortPixel Image Optimiser」というプラグイン。

こちらのプラグインで画像圧縮自体は出来るようになったのですが、無料版ライセンスだと月100枚までしか処理が出来ないという制限がつきます。

うちのブログはそこそこ画像を使うことが多いので、月100枚の制限はちと厳しい。
かといって、わざわざ有料ライセンスを取得してまでやる気もないしなぁ、ということで断念。

この辺りの制限が気にならない人ならば「ShortPixel Image Optimiser」は使えると思います。

その際の使い方などは下記の記事が参考になるかと。

参考記事:WPXユーザーにおすすめ|ShortPixel Image Optimiserで画像圧縮

wpXサーバーで画像圧縮プラグインを使いたいならコレ! 『Kraken Image Optimizer』

他に「EWWW Image Optimizer」の代わりになりそうなプラグインが無いか結構探したんですけど、大体どこのブログも上で紹介した「ShortPixel Image Optimiser」か「ShortPixel Image Optimiser」のどちらかを勧めてるんですよね。

さて、どうしたものかと悩んでいたところで見つけましたよ、『Kraken Image Optimizer』!

画像最適化WEBサービス「Kraken」のプラグイン版のようです。
(WEBサービスの方のKrakenについては、こちらの記事参照:あなたのPNGとJPEG画像をまとめて最適化してくれるオンラインサービス -Kraken

というわけで、ここから「Kraken Image Optimizer」の使い方について見ていきます(ここまで来るのに長いよ)

『Kraken Image Optimizer』の設定と使い方

まずはその他のプラグインと同じようにWordpressプラグインの新規追加から「Kraken Image Optimizer」を検索してください。

該当するプラグインが出てきたらインストール&有効化。ここまでは問題ないと思います。

すると、Wordpressの設定メニューの中にKraken.ioという項目が出来ているはずです。それをクリック。

そうすると、下記の画像のような画面が出てくるかと思います。

krakenプラグイン設定画像

プラグインを使うためにはAPIキーが必要となりますので、画像内の1番のところにあるリンクを開いて、KrakenのWEBサイトに飛びましょう。

kraken登録画面

登録するメールアドレスとパスワードを聞かれますので入力して、「SIGN UP」を押してください。

kraken説明画像

このような画面に切り替わるかと思いますが、まだアクティベーションが済んでいないのでAPIキーの取得は出来ません。

登録したメールアドレス宛にメールが届いているはずなので、そのメールに従って登録を完了させましょう。

その後、画像の赤枠で囲っている部分、「API Credentials」というボタンを押すと、プラグインの使用に必要となるAPIキーとAPI Secretが出てきます。

kraken設定画像

これらの文字列をコピーして、プラグイン設定画面の2番と3番のフィールドに貼り付ければ使用準備はOKです。
(画像再掲しときますね)

krakenプラグイン設定画像

後は圧縮に伴う設定をお好みで。

4番は可逆圧縮か不可逆圧縮かの選択項目。

乱暴な説明になりますが、圧縮後元に戻せなくても問題ないから高い圧縮率が欲しい場合はLossyの方にチェック。圧縮後も元に戻せる形式での圧縮がしたいときはLosslessにチェック。

5番は画像アップロード時に自動的に最適化処理を行うかどうか。チェック推奨

後はSaveALLのボタンを押して設定完了です。お疲れ様でした。

記事を書き終えての感想・まとめ

『Kraken Image Optimizer』を使い始めて日が浅いので、まだ何ともいえないところはありますが、今のところトラブルも無く良く動いてくれています。

wpX以降後に「EWWW Image Optimizer」が使えなくなって画像圧縮難民(笑)となっている方は結構いるようなので、そのような方は一度試されてみてはどうでしょうか。

難点としては、画像のアップロード時に少し時間が掛かることくらいですかね。

恐らくですが、外部のWEBサービスを経由して圧縮処理を行っているようなので、それで時間が掛かっているのでしょう。

まぁ、個別に画像を最適化する手間に比べたら屁でもないので、しばらくはこのプラグインを使って様子をみたいと思います。

 - ブログ運営 ,