黒色ワナビーの住処

フリーゲーム・ブラウザゲームをやりながら筋トレで体を鍛えるブログ

サーバーをロリポップからエックスサーバーに移転した理由とその結果

      2015/05/29

どうも。くろわなです。

艦これ春イベントやらアイギス新イベやらで個人的には大忙しなGWを過ごしていますが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

え? 外出の予定? ありませんよ、そんなの。
ただでさえ出不精な私が、人の波がタイダルウェイブで押し寄せてくるGWに外出するわけないじゃないですか。

とまぁ、ツマラナイ前置きはこれくらいにして、タイトルにもあるようにサーバー移転を行いました。

上記、艦これイベント関連の攻略記事をアップする直前でのサーバー移転だったため、閲覧者様の環境によりましては、折角攻略記事を見に来て頂けたのに、DNS更新が反映されていないために最新記事が表示されないなどのご不便をおかけしたかもしれません。

事後にはなりましたが、この場を借りてご報告とお詫びをさせて頂きます。

さて、この記事では、何故当ブログ開設からお世話になってら「ロリポップ!」をやめて、「エックスサーバー」へとサーバー移転を行ったのかという理由について書いていきます。

最初に断っておきますが、ロリポップが悪いレンタルサーバーというわけではありません。

最安プランのコロリポプランであれば月額100円からスタート出来るお手軽さは他のレンタルサーバーには無い魅力ですし、利用中のサポートについてもメールで丁寧に対応して頂き好印象でした。

では何故? その理由については以下をご覧ください。

スポンサーリンク

「ロリポップ!」から「エックスサーバー」に移転した理由と移転後の状況

ロリポップを辞めた理由その1 サーバー性能があまり高くない。

私個人の経験および他のロリポップユーザーの評価などを見る限り、ロリポップで使用しているサーバーはそれほど性能の良いサーバーではなさそうです。

これについては低価格レンタルサーバーのため、ある程度は仕方が無いともいえます。

とはいえ、レンタルサーバーの性能が低いと、

1.ページの表示速度が遅い
2.WordPressサイトの場合、一部プラグインの処理が不安定になるor動作しないことがある

などの不都合が生じます。

特に2つめの症状は、プラグインを使ってWordpressのバックアップを取ろうすると、結構な確率で引っかかります。

サーバー性能が低い→バックアップ処理に時間が掛かる→作業中にタイムアウトしバックアップ失敗。

とまぁ、こんな感じで一括バックアップが取れないんですよ。これはちょっと嫌だな、と。

ロリポップを辞めた理由その2 高負荷時にアクセス制限が掛かりやすい

これまた低価格帯のサービスなので仕方がないことなんですが、ロリポップはアクセス集中時の耐性がそんなに高くないです。

先日、官邸ドローン犯人が描いた漫画に対する感想記事を書いたのですが、話題性の高い時事ネタということもあってか、結構な数の検索流入があったんですね。

で、これ自体は大変有難いことなんですけど、どうもこれがロリポップサーバーに大変な負荷をかけてしまっていたようで……

アクセス制限食らっちゃいました(涙)

えぇ、低価格帯の共有サーバーですから、特定サイトへのアクセス集中によってサーバー全体に影響が出る恐れがある場合はアクセス制限される場合があるってことは知ってはいたんですが、うーむ。

途中で制限食らったので正確な数字は分かりませんが、時間当たりのPVが1000を超えるか超えないかの辺りで制限されちゃいましたね。

一応、キャッシュプラグインとかCDN(Cloudflare)とか使って、サーバー負荷が軽くなるように配慮はしてたんですけどね。残念ながら駄目でした。

一度アクセス制限受けちゃうと、自サイトの管理画面にすら入れないので結構困ります。
何より折角見に来てくれた方に対して申し訳ない。

これが決定的な理由となってサーバー移転することを決意しました。

では、ここからはエックスサーバーを選んだ理由について書いていきます。

エックスサーバーを選んだ理由その1 高性能サーバーを使用!

今回私が選択したサーバーは高性能で有名なエックスサーバーの中でも、WordPressサイトに特化したサービスwpX!

WordPressサイト以外を運営することは出来ませんが、その代わりにWordPress専用に特化したチューニングを行っているので、とにかく高速・高性能な点が売りです!

wpXのメリット

上記画像はwpXの公式サイトから性能に関わる部分をキャプチャして作った画像ですが、wpXがどれだけWordPressの高速化に力を入れているかが分かると思います。

え? 分からない? とにかくスゲェんだよ!(力技)

まぁ、技術的な部分での詳細はさておくとしまして。

実際にサーバー移転してみての感想としては、キャッシュ系プラグインなどを一切使っていないのに十分な表示速度を出してくれていて感心しています。

キャッシュプラグインで色々と痛い目にあっている身としては、あの手のプラグインは使わなくて済むならそれに越した事はないですからね。

エックスサーバーを選んだ理由その2 高負荷アクセス集中に強い!

以下、Xサーバー社長様のブログよりwpXに関する説明を一部抜粋。

WordPress専用のレンタルサーバー。
完全に WordPress に特化したシステム構造で、
大量アクセスが発生する状況でも、WordPress を高速、安定的にご利用いただくことを目的としたサービスです。
~<中略>~
wpX の強みをより感じていただけるのは、突発的、もしくは恒常的にアクセスが多数発生する WoredPress サイトかと思います。

社長自ら明言されているように、wpXは突発的なアクセス集中に強いです

突然のアクセス集中で制限食らった身としては、社長自らこう明言して頂けるのは非常に心強いですね。

あいにく前回アクセス制限を食らったときのような突発アクセスには見舞われてないので、どの程度のアクセスまで耐えられるのかの具体的な数字は分かりません。

しかし、他の方の評価を見る限りエックスサーバー系のサーバーが高負荷に強いのは間違いなさそうです。

エックスサーバーを選んだ理由その3 充実のバックアップ体制!

エックスサーバーの魅力の一つに充実のバックアップ体制があります。

なんとwpXではデータベースを含めたWordpressのバックアップを自動で取得してくれます。

重要とは理解しつつも何かと後回しにしがちなWordPressのバックアップ作業。自動でやってくれるのは本当に有難いです。

残念ながら、この自動バックアップデータの提供は有償なのですが、突発的なトラブルでお金が掛かってもいいから元に戻したいというような場面は意外とあると思います。そういう時に重宝しそうですね。

勿論、手動でバックアップを行うことも出来ます。
手動バックアップについても管理画面からボタン一つで簡単作業。当然、手動でバックアップしたデータについては無償で自由に使用できます。

サーバー移転した結果とまとめ

結論としてサーバー乗り換えて大正解でした

バタバタの移転でしたが、wpXに移転して本当に良かったと思っています

ロリポップも低価格帯のレンタルサーバーとしては本当に良く出来ていると思うのですが、少しアクセスが増えてきたり、サイト規模が大きくなったりすると色々と不満が出てきちゃいますね。

これからサイト運営を始める方、移転先サーバーを探している方で、サイト規模がある程度大きい(今後大きくなる予定がある)方はエックスサーバーを検討されてはどうでしょうか?



特にWordPress利用者にはwpXがお手軽かつ高機能で素晴らしいです。強くオススメします。



 - ブログ運営 ,