黒色ワナビーの住処

フリーゲーム・ブラウザゲームをやりながら筋トレで体を鍛えるブログ

荒削りなやり込みRPG『Velzitave_Story+』をプレイしてみた!

      2015/06/07

今日もニコニコ自作ゲームフェス参加作品から私がプレイしたゲームを紹介していくよ~。

というわけで、本日紹介するゲームは『Velzitave_Story+』。
本編終了後のおまけシナリオを始め、豊富なやり込み要素が魅力なRPGだ。

Velzitave_Story+画像

具体的にどういったやり込み要素があるのかを以下に示す。

・表シナリオクリア後に始まる裏シナリオあり
・ダンジョンで採集した素材・モンスタードロップ素材を用いての装備作成システムあり
・モンスター図鑑/アイテム図鑑機能あり
・ダンジョンおよび拠点施設で遊べるミニゲーム要素あり
・特定の条件を達成することで得られる証あり(勲章・トロフィー的なシステム)
・キャラ職業分岐による習得スキルの変化あり
・特定条件を満たした場合のみ戦える隠しボスあり
・クリア後、一部要素を引き継いでの周回システムあり

といった具合に、本作品にはかなり豊富なやり込み要素が盛り込まれている。
どれもRPG好きのツボを心得た要素といえるだろう。

スポンサーリンク

おまけに本作品の戦闘難易度はかなり高めに設定されている。
それはもう油断したら雑魚戦でも死んでしまうレベルで難易度が高い。

登場するキャラクターはどれも可愛らしい女の子であるため、初見時は本作品をライトユーザー向けRPGの類だと誤解していた。

蓋を開けてみればなんてことはない。
キュートなイラストは隠れ蓑に過ぎず、その実態はRPGヘビーユーザーでも攻略に手こずるような厄介な代物だった。

Velzitave_Story+画像

とまぁ、ここまで書いた内容だけであればコアユーザー、ヘビーユーザー歓喜の大作RPGとして手放しで褒めちぎれたわけだが、残念ながらそうはいかない。

今回の記事タイトルに「荒削り」と付けた理由をこれから述べる。

まず売りの一つであろう戦闘難易度の高さだが、終盤にかけてややマンネリ化が見られる。
後半は全体状態異常(行動不能や即死系ばかり)や攻撃完全反射といったスキルを使ってくる敵のオンパレードで正直食傷気味であった。

ダンジョンの作りも本作品のシステムに合致しているとは言いがたいところがある。
迷路のように入り組んだ作りになっており、全体的に複雑過ぎるのだ。

これが一度突破すればOKな類のダンジョンであればいい。思う存分難解かつ複雑なダンジョンを作って貰って構わないと思う。

だが、本作品は素材アイテム収集を行う都合上、同じダンジョンを何度も訪れなければならない。
迷路みたいな複雑なダンジョンに繰り返し挑んだときに感じるのは「やり応えがある」ではなく「面倒臭い」だ。

このダンジョンの作りは、シンボルエンカウントシステムとも相性が悪いと思う。
細い一本道のような通路では、敵シンボルを避けることが出来ず、シンボルエンカウントシステムを採用したメリットが薄まってしまっている。

おまけにダンジョンからの離脱は数量限定のアイテムを使った上でダンジョン内の特定のポイントからしか出来ないと来ているから周回作業が非常にやり辛い。

他にも細かい部分で不満を感じる部分が無いわけではないが、この場では捨て置くことにする。

全体的に「とりあえずこれ入れとけば難しくなるだろ」というような要素を無理やり詰め込んだ印象が拭えず、「やり応え」よりも「面倒臭さ」を感じる場面が多かった。

以上の理由から、私個人としては本作品は非常に「荒削り」な印象を受ける。
難易度の緩急とか、作品のゲーム性とシステムとの融和とか、そういった部分でまだまだ磨ける部分はあったはずだと思うのだ。

とはいえ、本作品が豊富なやり込み要素を持った大作であることに違いはない。

作者ブログによると、今後のバージョンアップで調整出来る部分はしていくつもりとのことなので、この荒削りな大作が、磨きぬかれた名作へと変化するのを期待して、今後を見守りたいと思う。


Velzitave_Story+』のダウンロードはこちらから。

 - フリーゲーム , , ,