黒色ワナビーの住処

フリーゲーム・ブラウザゲームをやりながら筋トレで体を鍛えるブログ

大丈夫。あたりめのシナリオだよ。クトゥルフRPG『SAVE』をプレイしてみた!

      2015/06/07

ここ最近はニコニコ自作ゲームフェス5参加のフリゲで遊ぶ日々を過ごしてます。

本日紹介するゲームは、その中の一つ。クトゥルフ神話をモチーフにした短編RPG『SAVE』。

SAVEオープニング画像

製作者はクトゥルフ神話TRPG動画の作成で知られている“あたりめ”さん。

彼のクトゥルフTRPG動画は一貫して「救済と犠牲」というテーマに沿って作られているように思えます。

スポンサーリンク

誰かを救うためには誰かが犠牲にならなければならない。

そんな後味の悪い、どうにも救いのないシナリオを、可愛らしいイラストと個性的なキャラクター達でデコレーションしたのが“あたりめ”さんのクトゥルフTRPG動画の特徴と言ってもいいでしょう。

そんな“あたりめ”さんが作ったゲームということで、どんな後味の悪いストーリーなんだろうと期待しながらプレイしました。

ストーリーについてはいい意味(ある意味では悪い意味?)で期待通り。

ネタバレになるので多くは語りませんが、主人公が失ったものを取り返すために更に多くのもの(人間性など)を失っていく展開はいかにも“あたりめ”さんのクトゥルフシナリオといった感じ。

さらにこの主人公が人間を止めていくストーリー展開と、ゲームシステムとしてのキャラクター強化を絡めた手法はシンプルながらも見事なアイデアと言えるでしょう。

SAVE画像

その一方で戦闘システムやバランスに関してはやや残念に思える部分もありました。

まずシステム自体がRPGツクール2000のデフォルトシステムを利用しているために、どうしても見飽きてしまった感が拭えません。

さらに戦闘バランスについても疑問が少々。

端的に言えば行動不能系の特技を使ってくる敵が多すぎです。

ステータス異常耐性を持った装備が無い状態で、行動不能を与える全体攻撃を使ってくる敵がかなりの数いるために、プレイヤースキルに関係なく全滅してしまう場面が多々ありました。

save戦闘画像

もともとがTRPG畑の作者ですので、TRPGの「どれだけキャラクターのステータスが高かろうとダイスの目ひとつでアッサリ全滅」してしまう運ゲー的な要素を表現したかったのかもしれませんが、コンピュータゲームでそのような要素を入れても理不尽さしか感じないというのが、私個人の正直な感想です。

以上を踏まえての本作品の評価ですが、

“あたりめ”さん動画のファンの方には超オススメ!
クトゥルフ系の後味の悪いシナリオが好きな方にはオススメ!

一方で、

・RPGをプレイする際に戦闘システム・ゲームバランスを重視する方にはイマイチ……。

といった感じでしょうか。

あぁ、そうだ。
最後になりましたが本作品はマルチエンディングとなっています。

犠牲がつきものの世界で少しでも幸せな結末を手にしたいのであれば、そうですね。
決して、決して深淵を覗き込むことが無きよう、ご注意願います。

『汝が深淵を覗き込むとき、深淵もまた汝を覗き込んでいるのだ』


『SAVE』をダウンロードされる方はこちら(ふりーむの作品ページに飛びます)

 - フリーゲーム , , , ,