黒色ワナビーの住処

フリーゲーム・ブラウザゲームをやりながら筋トレで体を鍛えるブログ

【艦これ】秋イベ攻略完了したのでポイントとかまとめてみる【秋イベ】

      2015/05/28

どもっす。ご無沙汰してます。くろわなです。
前回記事が夏イベのときなので三ヶ月も間が開いてしまってますね。
もうちょっと更新費度を上げるように頑張ります。

さて、艦これの秋イベント、「発動!渾作戦」が始まりましたね。
皆さん、イベント海域の攻略は順調に進んでおりますでしょうか?

中規模イベントということでマップ数・難易度ともに、前回のMI作戦よりかは控えめのようですね。
リアルタイムアタックをされている方にいたってはイベント初日クリア達成者も現れたとのこと。

かくいう私もイベント二日目にはE4海域攻略および新規追加艦取得を達成することができました。
この記事では、私くろわながイベント攻略中に感じたことや、攻略上のポイントになりそうなことなどをまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

艦これ秋イベント「発動!渾作戦」攻略レポ!

E-1 【第一次渾作戦】南西方面海域

まずはE1マップからですね。

夏イベのE1マップが中々に鬼畜だったので結構ビクビクしながら挑んだのですが、蓋を開けてみれば道中撤退無しの4連勝ストレート勝ちで拍子抜けしたことを覚えています。

というわけで、難易度的には相当低いですね。いちおう、平均レベル80程度の編成(当方の司令部レベルは105)で挑みましたが、この難易度ならば平均レベル50もあれば余裕でクリア出来たかと思います。

私が攻略した時の編成は、第一艦隊が高戦、高戦、軽空、軽空、航巡、航巡。第二艦隊が雷巡、雷巡、軽巡、駆逐、駆逐、駆逐でしたが、ぶっちゃけ索敵さえ十分ならどんな編成でいっても構わないかと。

この難易度なら道中2戦でも3戦でも大勢に影響はないです。

一応、攻略wiki情報によると「【戦艦3隻以下かつ軽巡1隻以上かつ正規空母無しかつ軽空母1隻以下】、第二艦隊に【駆逐4隻以上】」で、道中2戦に固定出来るようなので、少しでも楽したい方は参考にされてみてはどうでしょうか。

いずれにせよ難易度的には相当優しいマップです。E3マップの連合艦隊にメイン戦力を当てるためにも、主力クラスの戦艦、駆逐艦、雷巡あたりの投入は控えたほうがいいでしょう。

E-2 【第二次渾作戦】南西方面海域

E2マップは駆逐艦、軽巡洋艦しばりのマップとなっています。
本イベント唯一の通常艦隊(非連合艦隊)マップでもありますね。

ボス到達可能な編成は、駆逐+軽巡0~2隻となっています。
私は駆逐4隻+軽巡2隻の編成で行きました。

ボス到達には、上記編成に加えて一定以上の索敵値が必要なようです。軽巡に偵察機を積むか、駆逐に電探を搭載するなどして対応しましょう。
(私の攻略時にはマップ上で、索敵カットインが出ない状態でボス到達したので索敵値は不要かと思っていたのですが、どうやら必要なようですね)

さて、道中の難易度についてですが、そんなに難しくはありません。
途中に夜戦もありますが、そこまで警戒しなくとも大丈夫でしょう。カットイン攻撃を仕掛ける敵が居ないので、割とすんなり通過出来ます。

厄介なのはボスの駆逐棲姫ですね。HP190、装甲115となかなかの耐久力です。
軽巡、駆逐の火力では昼戦でボスHPを削りきることは困難なので、夜戦での決戦に勝負を託すことになります。

夜戦までに随伴艦を倒しておく必要があるので、決戦支援を積極的に出したほうがいいでしょう。
個人的にE2は支援ゲーだと思っています。

E-3 【第三次渾作戦】南西方面海域

今回の秋イベはこのE3からが本番ですね。急激に難易度が上がるので注意してください。

ボスはもはやイベント恒例となった戦艦棲姫。しかし今回はこちらが連合艦隊を使用出来ることもあって、コイツの存在自体はそれほど問題ではありません。(夏イベみたいに分身することもないですし)

問題となるのは道中の戦闘回数の多さ。
編成と運如何によっては、うずしお2回+道中戦闘4回で燃料・弾薬がスッカラカンになった状態でボスに挑まなくてはならなくなります。(これに何度泣かされたことか)

細かなルート分岐についてはまだまだ調査の余地がありそうですが、どうやら第一艦隊にあきつ丸を入れることで下回り最短のルート固定が出来るようです。

あきつ丸を持っている方はぜひお試しください。その際、あきつ丸の装備は烈風ガン積みが有効なようです。

持っていない場合のルート固定はかなり複雑なようですが、個人的には第二艦隊に入れる駆逐艦の数を増やすことで多少は道中戦闘を回避しやすくなったような気がします。

あとは第一艦隊に軽巡or駆逐を1隻は入れたり、空母を入れない代わりに航巡とか航戦とかを使ってみたりしました。

一応、私が攻略時に使用した編成を晒しておきます。

第一艦隊が戦艦、高戦、航巡、航巡、航戦、軽巡
第二艦隊が軽巡、駆逐、駆逐、駆逐、駆逐、雷巡

これで最初のうずしおはほぼ回避、道中戦闘回数は6割くらいが3戦、残りが4戦という状態でした。

ちなみに最初、第二艦隊の構成を軽巡、重巡、重巡、駆逐、駆逐、雷巡で挑んでいたのですが、この構成ではほぼ100%道中4戦ルートでしたね。

これが偶然なのか、駆逐の数がルート分岐に影響を与えているのかはよくわかりませんがご参考までに。

E-4 【Extra Operation】パラオ諸島沖

秋イベ最終マップのE4。流石に最深部というだけあって難易度は相当なものです。
とはいえ、本海域では連合艦隊で挑むことが可能なため、これを上手に活用して攻略するようにしましょう。

ルート固定については、第一艦隊に空母2隻以下であれば最後の分岐でボスへ直行可能なようです。前半部分のルート分岐についてはまだまだ検証の余地があるようですが、正直どのルートを辿ったところで最後の分岐以外は大勢に影響を与えないので、気にしなくてもよいでしょう。

それよりもボスを倒しきれるだけの夜戦火力を用意することの方が大事です。

特に高錬度の雷巡を用意することは重要です。夏イベに引き続き北上様は必須クラス。可能ならば大井・木曽あたりも第二艦隊に組み込みたいところ。

一方で、第一艦隊は昼戦で随伴艦を倒せるだけの火力を確保出来れば十分なため、大和型などの高火力艦がなくてもどうにかなるでしょう(あれば楽なことに変わりはありませんが)

夏イベと比較すると、「雷巡の重要性はより増したが、大和型の必要性は若干薄れた」といった感じでしょうか。

あと編成絡みで問題となるのは、水上打撃部隊と空母機動部隊のどちらを使うかという点でしょうか。

どちらも一長一短ありますが、個人的には空母機動部隊の方が好きですね~。
やっぱり弾着観測射撃が発動するというメリットは大きいです。

今回も私が攻略時に使用した編成を晒しておきます。

第一艦隊が空母、空母、戦艦、高戦、航巡、航巡
第二艦隊が軽巡、駆逐、駆逐、駆逐、重巡、雷巡

第二艦隊は、時雨、雪風、北上、妙高など運高めの艦娘達で固めました。カットイン狙いです。

ボスの空母水鬼がやたらと硬いんですよね。戦艦棲姫以上かもしれません。
連撃で決定的なダメージを出すことは難しいので、一定以上の運を持つ艦娘はカットイン狙いでいった方がいいかと思います。(それでも一撃で削り切るのは難しいですが)

いずれにしても夏イベE6と比べれば楽な部類の海域です。皆さんも是非チャレンジしてみてください!

野分取得画像

 - ブラウザゲーム ,