黒色ワナビーの住処

フリーゲーム・ブラウザゲームをやりながら筋トレで体を鍛えるブログ

【艦これ】夏イベに向けての備蓄状況報告

      2015/05/29

めっちゃ久しぶりにブログ更新した気がする。
いや、気がするっていうか実際に相当久々なんですが。

ちょっとリアルの方が忙しかったのでブログの更新が疎かになってました。
忙しいとはいっても、艦これのレベリング進めたり、将棋ウォーズのイベントで200勝達成したり出来る程度には時間があったわけですが、(世間ではそれを暇という)なんだかんだでブログの更新が後回しになってしまい申し訳ない。

まぁ、フリーゲームの新作をプレイしてレビュー記事をあげたり、攻略記事をあげたりする余裕がないのは事実でございまして、そちらを期待されている方はもうちっとだけ待ってくれってな感じでございます。

前置きが長くなりました。本日の更新は、艦これ夏イベに向けての我が鎮守府の備蓄状況、戦力状況の報告でございます。

スポンサーリンク

イベントに必要な資材がどれだけなのか、それは実際に蓋を開けてみないことには分からないことではありますが、それでも気になるのものは気になってしまうのが人というもの。

艦これ関係のまとめブログなんかを見ていても、最近はイベントの予想スレや資材備蓄状況の晒しスレなどが多くみられるようになってきました。

その流れに乗っちまおうぜ!ってな趣旨の記事でございます。

では早速ご開帳~♪

艦これ備蓄状況

現時点で各資材ともに春イベ開始時(各資材五万程度)を上回る水準で備蓄完了。特に前回イベントで不足気味だった燃料・鋼材を多めに確保。

正規空母・軽空母はもちろん、航空戦艦や航空巡洋艦といった艦娘たちの育成も進み、航空戦に対する備えは万全!

と言いたいのですが……

どうも今回の夏イベ。相当な鬼畜難易度になるのではないかといううわさがアチコチに出回っていて戦々恐々としています。

まず第一にどの程度の航空戦が発生するのかがいまだ不明瞭な点。それに伴い必要となるボーキサイト量の予測が立てられない点が一つ。

第二の不安点が、運営側が発している「二段階&二正面作戦」がどういったものなのかという点。

今回の夏イベにおける大きな不安要素はこの二点ではないでしょうか。

まず一つ目の必要となる航空戦力について。
ミッドウェーをモチーフにしたイベントなので、航空戦メインになるのは早い段階から予想されていましたが、果たしてどの程度の規模になるのでしょうか。

弾着観測射撃システムの搭載以後、高難易度マップでは如何にして制空権を確保するかが戦略を立てる上で重要なポイントとなっています。

実際、5-5などでは空母3隻に烈風ガン積みしてでも航空優勢を取りにいくやり方が主流となっていますし。

その副次効果として戦闘中に艦載機が撃墜されることが少なくなった(結果、ボーキの消費量も抑制される)のですが、果たして夏イベではどうなるのでしょうか?

史実のミッドウェーでは赤城・加賀・蒼龍・飛龍の4隻が航空戦の末に沈んでいるわけですけれど、これを再現して正規空母4隻に烈風ガン積みでも航空優勢が取れないような難易度設定にしている、とかはないですよね?

空母4隻の時点でボーキの消費がマッハなのに、加えて制空確保が出来ず艦載機がボロボロ落ちていくなんてことになろうものなら……ボーキが幾らあっても足りません(涙)

春イベのときは余裕で余りまくったボーキサイトですが、念のためにもう少し備蓄に励んだほうが良さそうです。

二個目の不安材料、「二段階&二正面作戦」について。

二段階については春イベにもあったようにE3をクリアした後に追加でE4、E5が現れるというような仕掛けのことだと思うのですが、二正面作戦とは何でしょうか?

現在主力となっている説は、2つの異なる海域(二正面作戦)をクリアすることで追加海域が開放される(二段階作戦)という説ですね。

そのため夏イベのマップ数は「3×2+1の7マップだ!」「いや、4×2+1で9マップもありえるぞ」なんて話もチラホラ出ているようです。

更に恐ろしいのが、「二正面作戦の片方の海域に出撃させた艦娘は、もう一方の海域には使えないのではないか」という説。

イベント海域での激戦に耐えうる艦隊を2組も用意しなければならないとすれば、相当キツイことになりそうですね。まぁ、まさに総力戦という感じもして楽しそうではありますが。

いずれにしても「慢心はダメ、ゼッタイ」ということで、イベント開始のその瞬間まで艦隊育成と資材の備蓄に励んだほうが良さそうです。

では。この記事をご覧になられた提督の皆々様も、イベント開始後に後悔されることのなきように。

 - ブラウザゲーム ,