黒色ワナビーの住処

フリーゲーム・ブラウザゲームをやりながら筋トレで体を鍛えるブログ

ドロップアウトした元勇者が世界を救う? 『スポンサーガ』で冒険者派遣業を始めよう!

      2015/06/07

本日紹介する『スポンサーガ』は、冒険者派遣を生業とするヴィンセント商会を運営しながら、魔王討伐を目指すゲームだ。

戦士・旅人・医師・学者などなど、様々な職業の冒険者を雇いながら人々の依頼をこなしたり、魔王討伐のための兵力を派遣したりするのだが、冒険者を派遣するには当然ながらお金が掛かる。

依頼を達成した報酬、あるいはヴィンセント自身がアルバイトで得た賃金をいかに遣り繰りするか。冒険者派遣に必要な経費をどのようにして確保していくのか。そこが本作品攻略の肝である。

このように本作品のシステムは経営シミュレーションのそれに近い。

スポンサーガ画像

しかし、このゲームを語る上で重要なのはそういったゲームシステム的なアレコレではない。

率直な物言いを許してもらうのであれば、本作品のシステムやゲームバランスは残念ながら他人に勧められるレベルまで達していないというのが私自身の感想だ。

(職業ごとに任務種別の得意・不得意が設定されており、得意任務に派遣することで任務達成期間を減らすことが出来るのだが、上位の冒険者の出現条件が依頼への派遣回数に依存しているため、最高効率で依頼を達成すると上位キャラが出現することなく終盤に進んでしまい詰むことがある。このようなシステム設計上、あるいばバランス調整上のミスは他にも散見され、正直に言ってゲーム作品としては荒削りな部分が多いと言わざるを得ない)

それでも本作品をここで紹介させてもらう理由は、そのシナリオが秀逸だったからに他ならない
(本作は第五回ウディコンのシナリオ部門で3位を獲得している)

本作品のストーリーを一言で言うならば、世界を救えなかった勇者の物語である。

スポンサーリンク

本作品主人公のヴィンセントは元勇者である。
といっても、かつて世界を平和に導いた英雄様、というわけではない。

その昔、世界に猛威を振るっていた邪竜が居た。

その邪竜を倒すべく託宣を受けたのがヴィンセントである。しかし彼には邪竜を打ち倒せるだけの才覚が無かった。元々体の弱かったヴィンセントは邪竜を倒すための厳しい修行に耐え切れず挫折する。

その後、邪竜自体はヴィンセントの仲間たちにより討伐され、世界に平和が訪れる。

が、面白くないのは取り残されたヴィンセントだ。過酷な修行のせいで体はズタボロ、世間からは出来損ないの勇者としてなじられる。

そんなくだらない人生でも必死に生きた。商人として日々奔走した。汚い商売にも手を染めた。

「俺の存在はなんだったのか……」そんな苦悩を抱えながら、自らが裏切り、そして自らを否定した世界を生き抜いた。

そのヴィンセントの元に魔王復活の報が届く。

知らせを受けたヴィンセントは商人としてのキャリアを捨て、冒険者派遣業「ヴィンセント商会」を立ち上げ、魔王討伐を目指す。

勇者として認められたかったわけではない。

ただ自分の存在意義を証明したかった。金さえあれば英雄なんぞいなくとも世界は救えることを示したかった。世界は一握りの英雄だけのものではないと証明したかった。

――――――――ここにヴィンセントの新たな挑戦がスタートする――――――――

スポンサーガ画像

これが本作品の主人公、ヴィンセントの生い立ちであり、本作品のオープニングである。

この主人公設定からして本作品が一般的な英雄譚とは一線を画すことが分かるだろう。

これらの設定からも分かるように、本作品はどこまで行っても泥臭いストーリーが淡々と展開される。

提示される希望のほとんどは見せかけで、絶望は絶望のままそこに在り、そして綺麗事だけでは人が動くことは無い。

冒険者派遣を行う上で一番実入りが良いのが、薬物売買や人身売買などの違法取引系というのもその一端を表していると言えるだろうか。

本作品に御伽噺的な予定調和は一切無い。それによる効果かどうかは断言出来ないが、本作品のシナリオ展開はどことなく文学的な面持ちを感じさせることがある。

冒険者を派遣するという単調な作業の中に、凡人の矜持のようなものを感じることがあるのだ。

万人受けする作品では無いだろうが、ハマる人はとことんハマるタイプの作品だろう。

クリアまでに掛かる時間は凡そ2時間から3時間程度。とは言っても、この時間は本作品攻略におけるコツを掴んだ上での時間なので、初見ではその倍以上の時間が掛かるだろう。
(というか、シナリオの進め方如何によっては中・終盤で詰むことも当たり前にある作品なので、セーブは小分けして取り、進行が行き詰ったら下手に粘らずセーブデータからやり直すことをお勧めします)

最後に一言だけ

繰り返しになるが、本作品は「世界を救えなかった勇者の物語」だ。

そのことを踏まえて、そのことを覚悟して、プレイして頂くようお願い申し上げたい。


『スポンサーガ』のダウンロードはこちらから。(ふりーむ!の作品ページに飛びます)

 - フリーゲーム , ,