黒色ワナビーの住処

フリーゲーム・ブラウザゲームをやりながら筋トレで体を鍛えるブログ

モンスター配合が超楽しい『スフィアン・マスターズ』で遊んでみた

      2016/03/13

どもっす。初代ドラクエモンスターズでは「しんりゅう」の育成に心血を注ぎました。kurowana256です!

今回紹介するゲームはモンスター配合がめちゃくちゃ面白いRPG、『スフィアン・マスターズ』です。

スフィアンモンスターズOP画像

ストーリーは極めてシンプル。

モンスター同士を戦わせ最強のモンスターマスターを決める大会、マスターズグランプリ。
そのマスターズグランプリ優勝を目指して、新米モンスターマスターである主人公がモンスターの楽園であるスフィアン諸島を冒険するお話です。

 

スポンサーリンク

 

戦闘システムもオーソドックスなターン性バトルであり、特筆すべき点はありません。

このゲームの最大のウリはパーティ要員であるモンスター同士を配合することで、既存のモンスターを強化したり、新たなモンスターを作り出したり出来る点にあります。

この配合作業がチョー楽しい♪

スフィアンモンスターズ配合画面

配合することで親であるモンスターが覚えていたスキルを子であるモンスターに引き継がせることが出来るので、「僕の考えた最強のもんすた~」を目指して、現在各モンスターの所持スキルを調査・選別しているところです。

また各モンスターごとにサイズが設定されており(S・M・Gの3サイズ)、サイズごとにパーティに組み込める数に違いがあります。
Sサイズのモンスターを複数連れて、手数で敵を圧倒するのか。あるいはGサイズの巨大モンスター一匹を鍛えぬき、強力無比な一撃で敵をなぎ倒すのか。

戦闘システムがシンプルな分、こういった育成・パーティ編成といった部分に戦略性を持たせている感じですね。

作者様いわく、「ドラゴンクエストモンスターズ」のようなゲームを目指して作ったとのこと。
確かにDQMをプレイしていた時に感じた、配合を試行錯誤する過程のワクワク感が巧く再現出来ていました。

総モンスター数219種類(ver1.11時点)とボリュームも十分。

ちょっと気になるのは配合が解放されるまでの戦闘のダルさでしょうか。

本作品は配合によってスキル・ステータスを強化していく作りなので、未配合状態のモンスターだとレベルを上げても「ステがそこまで上がらない」・「スキルもそんなに覚えない」ようになっているんですよね。

なので配合所が使えない序盤の何エリアかについては、正直ちょっとダルいです。
育成のカタルシスが感じられない状態で、淡々と戦闘・探索を繰り返さなければならないので。

一応、敵モンスターを仲間にする「スカウト」コマンドは最初から使えるので、その辺りを駆使して戦闘を避けたり、パーティを強化したりは出来るんですけどね。それでも配合が解禁されるまでは物足りなさを感じるなー、と。

人によってはこの序盤パートで投げちゃうんじゃないかと。それがちょっと気がかりですね。

その代わり配合が解放された後は、スキルを継承したり強化育成でステを強化したりと存分にモンスターを育成することが出来るようになります。

序盤で見切りを付けてしまうには惜しい作品。ぜひ配合が出来るようになるまではプレイしてみてほしいです

RPG好きかつ育成ゲーム好き、っていうかDQMにハマった経験のある方には超オススメな作品です。張り切ってドウゾ!


『スフィアン・マスターズ』のダウンロードはこちら→フリームのDLページ

———-2014/05/26追記———-

スフィアンマスターズ関連の記事が増えてきましたので、まとめ記事を作成しました。攻略情報その他も掲載していますので、よろしければこちらもどうぞ。

『スフィアン・マスターズ』の攻略記事・レビュー記事まとめ

 - フリーゲーム , ,