黒色ワナビーの住処

フリーゲーム・ブラウザゲームをやりながら筋トレで体を鍛えるブログ

大切な思い出を思い出せ!探索ホラーアドベンチャー『Re;member』を遊んでみた!

      2016/03/13

どもっす。最近いろいろと忘れっぽくなったkurowana256です!

本日は探索ホラーアドベンチャーゲーム。『Re;member』を遊んでみました。

Re;memberのオープニング画像

はい。ニコ動でアブさんが実況してるのに触発されてのプレイです。ニコ厨でごめんなさい。

それはさておき、ゲームの紹介に移りたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

本ゲームは主人公である冬空(ふゆあき)を操作し、館の中を探索するホラーアドベンチャーゲームです。

母親から渡されたとある館の鍵。導かれるようにその館を訪れる冬空。
その館の中で見つけた、どこか懐かしさを感じる絵画。
その絵に触れた瞬間、冬空はこの館にまつわる不可解な現象に巻き込まれていく。

本作品のあらすじ大体こんな感じでしょうか。

ちなみにこの主人公、幼少期の記憶がありません。

『Re;member』というタイトルからも分かるように、館の謎を解き明かしながら主人公の失われた記憶を取り戻すことが本作品の大きなテーマのひとつでもあります。

そして見知らぬ、それでいてどこか懐かしい館の中で出会った少女、みう。彼女はいったい何者なのでしょうか?

みう登場

全六章からなるマルチエンディングストーリー。
一周あたりのプレイ時間は2時間から3時間くらいでしょうか。

ホラーアドベンチャーというジャンルになってはいますが、謎解きやホラーがメイン要素となっているのは最初の二章のみです。

その前半二章にしてもホラーはあくまでエッセンスといった感じで、そこまで強く恐怖感を煽ってくるような演出はありません。

とはいえ、急な驚かし要素や追っかけ要素などはありますので、油断していると結構ビクっとさせられますが

それ以降は冬空の失われた記憶にかかわるイベントパートがメインです。アドベンチャーゲームとしてはかなり文章量が多いほうなので、人によってはその辺りが気になるかもしれません。

私個人としては随所に差し込まれたイベントCGや秀逸なBGMの効果もあり、最後まで飽きることなく楽しむことが出来ました。

特にBGMに関しては館の雰囲気や主人公の心情をうまく表現しており、全体的にうまい使い方だなぁと思わせるところが多かったです。

ややネタバレ気味ですが、冬空が自分の記憶と向き合うことを決意した後のBGMなんかはグッと来るものがありましたねぇ。

切なくて優しくて、でもやっぱり切ない。そんなホラーアドベンチャーを遊んでみたい方にオススメの作品です。

『Re;member』のダウンロードはこちら(ふりーむのダウンロードページに飛びます)。

制作者keespringの公式サイトはこちら(攻略情報もあります)。

———-追記———-

『Re;member』の攻略メモを書きました。よろしければこちらもどうぞ。

 - フリーゲーム , , ,