黒色ワナビーの住処

フリーゲーム・ブラウザゲームをやりながら筋トレで体を鍛えるブログ

素人がブログ開設半年で月14万PV獲得するまでにやった7つのこと

      2016/03/13

どもっす。ド素人ブロガーのkurowana256です!

昨年の11月に開設した当ブログですが、2014年4月度の月間PV(ページビュー)数が14万を超えました。これもひとえに当ブログを訪れてくださる皆様のおかげです。感謝!

2014年4月のアクセス数

ブログ開設当初の目標の一つに月間10万PV突破というものがありました。その目標をこうして達成出来て嬉しい限りです。

「PV数がすべてではない」というのはもちろん理解しているのですが、それでも日々のアクセス数というのはブロガーにとっての経験値のようなもの。

10万PVを突破出来た今は、ブロガーとしてレベルアップ出来たかのような気分です。
まぁ、気のせいかもしれませんが。

この記事ではド素人の私が月間14万PVを達成するまでに気づいたこと・取り組んだことなどをまとめてみようと思います

「14万PV程度で何を偉そうに」という気もしますが、最近ブログを始めた方・これからブログを始める方の役に立てばと思い、当記事を書かせて頂きます。

どうかお付き合いのほどを。

 

スポンサーリンク

 

月間14万PV達成までに気づいたこと・取り組んだこと

一定以上の更新頻度を心がけよう。ただし無理は禁物。

ハンドサイン

当然のことですが、更新頻度が高いブログのほうがアクセス数が増加するペースは速いです。

記事数が増えればそれだけでブログ全体のアクセス数が増えるということもありますし、それ以上にブログ全体の記事数が一定量を超えた際の底上げ効果が馬鹿にならない。

具体的な記事数には諸説ありますが、ブログ全体のボリュームが検索エンジンの評価に影響を与えるというのは、どうやら確定事項のようです。

よく言われるのは「まずは100記事書き上げろ!」というものですね。

私自身も開設4ヶ月目の半ばに記事数が100を超えましたが、その辺りから検索流入数が増えてきたイメージはあります。

あくまで噂ですが、記事数400~500あたりに更なる閾値があり、それを超えるとさらに評価がアップする、なんて話もあります。

400記事となると毎日欠かさず1記事ずつ書いたとしても一年以上掛かる計算なので、なかなか容易なことではありませんが、ぜひとも達成してみたいところです。

とはいえ、日々の更新を「必ず」だとか「絶対」といったものにしてしまうと、色々とストレスが溜まります

肝心なのは続けることなので、日々更新を心掛けつつも体調が悪い日・忙しくて時間が取れない日などは無理せず休まれることをオススメします。

【参考になる記事】
これからブログを頑張ろうと思う人へ。まずは三ヶ月毎日書く。話はそれからだ。
月間65万PVのブロガーが考えるブログのアクセスアップに大切な1つのこと

1記事あたりの文字数は1000文字を目標に!

検索エンジンに評価される文字数については諸説あります。

「600文字もあれば十分」「いやいや内容があれば200文字でもキチンと評価されるよ」なんて意見もありますし、それで効果が出ている人はそれでも良いと思います。

ただし、これからブログを始める人に対しては、まずはそれなりの文字数を書いてみるようお勧めしたいですね。

私個人としては1000文字程度を目安に記事を書くようにしています。あくまで目安であり、目標ですけど。

本音を言えば文字数が600文字でも200文字でもどーでもいいと思っています。
きちんと内容が詰まってさえいれば。

で、ブロガーの皆さんにご質問です。

あなたの書いたブログ記事、「沢山あった書きたいことを推敲し、無駄を削った末に出来あがった記事」でしょうか。

それとも「書くことが思い浮かばなかったので無理やり文章を付け足した末に出来あがった記事」でしょうか。

前者の場合は600文字でも何ら問題ないと思います。
後者の状態で600文字とかだとちょっと問題があるかもしれません。

後者のような場合は記事を推敲することによって、だいぶ削られる部分が出てくると思います。

つまり600文字分に相当するだけの内容が無かったということになります

自分も含めて初心者が書く文章というのは分量の割りに内容が薄いものです。
ですので、最初のうちは意識的に多めに文章を書くようにしましょう。いい文章訓練にもなります。

「1000文字も書くことが浮かばないよ」という方へ。
そいういう場合は、記事対象となる事柄へのリサーチ不足の場合がほとんどです。

他の視点から記事をかけないか、そもそもそれを記事にする必要はあるのかという点から見直す必要があるかもしれません。

カテゴリ・タグの設計は入念に。内部リンクも大事だよ!

今でしょ!

記事総数の増加が検索エンジンに良い評価を与えることは既に述べましたが、ブログ内の記事同士を内部リンクで結びつけることで更なる相乗効果が期待出来ます

この際に注意しなければいけないのは、記事同士の関連性が薄いとあまり効果が無いという点です。

関連性の高い記事同士をリンクする一番手軽な方法はカテゴリやタグを活用する方法です。

これならば関連性の高い記事同士のリンクを自動で作成してくれますし、ほとんどのブログサービスで搭載されている機能ですので簡単に利用出来ます。

ただし、どういったカテゴリを利用するのか。どのキーワードをタグ化するかは慎重に検討してください。

広すぎるキーワードだと関連性の有無が不明瞭になりますし、かといって狭すぎると特定カテゴリの記事の数が少なすぎて内部リンクの相乗効果が発生しないなんてこともあります。

一度運用し始めたら容易に変更出来ない部分ですので、事前によく検討されることをオススメします。

私はよく考えずにカテゴリ設定して色々苦労しました。というか今も苦労しています(泣)

【参考になる記事】
【ブログ術】SEO対策!カテゴリーとタグの違いと使い分ける4つのルール

まずはスモールワードで検索上位を目指す!

アクセスアップの手段は色々あります。ここ数年は「Twitter」や「はてぶ」などのSNSによる拡散が有力なようですが、ここではあえて内部SEOによる検索上位表示を目指す方法をオススメしたいと思います。

SNSによるアクセス増加は強力な反面、どうしても一過性のものに終わってしまう傾向がありますし、そもそも初心者が狙って起こせるものかというと正直難しいところがあると思います。

既に他分野で何かしらの実績があり、ソーシャルメディア界隈で一定の影響力を持っている人ならば狙って記事をバズらせることも出来るでしょうが、フォロワー0からスタートのド素人がこれに期待するのはギャンブル要素が強すぎてオススメ出来ません。

ムキになってバズらせようとした結果、ブログが炎上なんてした日には目もあてられないですしね。

それよりかは地道なSEOによって検索流入を増やすように心がけた方が先々に繋がるというものです。

この際に注意しなければいけないのが、記事タイトルなどに用いるキーワード。

当たり前のことですが、競合の多いキーワード(ビッグワード)ほど上位表示は困難になります。

競合相手が一流企業や大手ブロガーだった日には、素人がどう頑張っても勝つことは出来なくなりますので、事前に競合の少ないジャンル・キーワード(スモールワード)などを調べておくのが良いでしょう。

このブログの場合だと、フリーゲームの個別作品のレビュー記事・攻略記事などが例として挙げられるでしょうか。

市販ゲームなどと比較した場合、フリーゲームはどうしてもニッチな分野になりますので競合も少なく、比較的楽に上位表示させることが出来た印象です。

ただしスモールワードの場合は上位表示されたとして爆発的なアクセスアップは見込めません。

ある程度キーワード選択に慣れてきたら、「ミドルワードで上位表示を狙う」・「ビッグワードに複合キーワードを絡めて上位表示を狙う」などの方法で更なるアクセスアップを狙っていく必要がありそうです。

【参考になる記事】
【ロングテールSEO入門4】キーワードの洗い出しに便利なツールの使い方
ブログアクセスを上げるために絶対に活用したいキーワードプランナーの使い方

初心者はGoogle Analyticsよりもウェブマスターツールを活用しよう!

ブログを育てる上で、アクセス解析による現状分析は必須です。

アクセス解析ツールとして有名なGoogle Analyticsは非常に多彩な機能を持っており、あなたのブログの問題分析を行う上で役に立ってくれるでしょう。

が、多機能過ぎて素人には使いにくいのもまた事実。アナリティクスを眺める時間ばかり増えて肝心の記事作成に費やせる時間が減ってしまったとあっては本末転倒です。

ここは同じくgoogleがWEBサイト管理者向けに提供しているサービスの「ウェブマスターツール」を活用しましょう。

事前にgoogleアカウントの作成が必要になりますが、サービス自体は無料で利用できるので未登録の方は必ず登録しましょう!

ウェブマスターツールのブログ管理画面を開きます。
左メニューの中にある「検索トラフィック」という項目を展開し、その中にある「検索クエリ」という項目をクリックします。

ウェブマスターツールの検索クエリ画面

上記画像のような画面が表示されたかと思います。

この中で注目すべきは「検索キーワード」と「CTR」の項目です。

「検索キーワード」に関しては説明不要ですね。ユーザーがどういったキーワードで検索をしているのかという項目です。

「CTR」は検索結果に表示された回数のうち、何回クリックされたのかを表す指標です。

この2つの項目を分析し、検索ユーザー求めている物と自分が書いた記事の内容とがマッチしているのかを見直してください。

ユーザーの要望と内容がマッチしていなければ、別途その内容に関する記事を執筆することでそれらのユーザーからのアクセスが見込めますし、検索ワードと記事内容が一致しているのにCTRが低いということがあれば、タイトルの見直しが必要ということがわかります。

ブログ初心者の方は、まずはウェブマスターツールによる基本的な分析を徹底するよう心がけた方が有益だと思います。

検索数が急増する瞬間を見逃すな!

スモールワードでの検索流入数は限定的という話は既にしましたが、スモールワードの検索数が一気に上昇するタイミングというのがあります。

実際にこのブログで起こった事例を紹介しますと、とあるフリーゲームをニコニコ動画で某有名実況者さんが実況したことにより、そのゲーム関連の記事へのアクセスが急増したことがありました。

以後、ニコ動のゲーム実況のランキング上位に表示されるようなフリーゲームは積極的に紹介するようにしてきたのですが、なかなか効果的だったようです。

SNSでの拡散と同様に一過性のものではありますが、うまくタイミングが合えば1つの記事で数千PV程度は軽く稼いでくれます。

私の場合はフリーゲームとニコ動という組み合わせでしたが、他のジャンルにおいても特定コミュニティで話題になったことによる検索数アップは起こりえると思います。

こういったチャンスを見逃さないために日々のトレンドのインプットを怠らないようにしましょう。

TwitterやGoogleトレンドなどのWEBサービスも活用していくと良さそうです。

人気の出た記事については関連記事などを書こう!

何ヶ月かブログを運営していれば、程度の差こそあれ自分にとってのヒット記事がポツポツと出てくるものです。

そういうときはその記事の関連記事を別途書くようにしましょう。
そして以前書いた記事のほうに関連記事を書いた旨を追記しリンクを張ります。

こうすることで既存コンテンツを入り口として活用し、他の記事へスムーズに誘導することが出来ます。

訪問者は追加の情報が手に入り、ブロガーにとってもより多くのページを見てもらうことが出来る。良い事尽くめですね。

この記事のまとめ

空を翔る飛行機

自分で言うのもなんですが、ここに書いたことって凄く地味だと思います。

目から鱗のテクニックがあるわけでもなし。お手軽かつ劇的なアクセスアップを望んでいる人には物足りない内容だったかもしれません。

ですが、ブログを運営していく上で一番大事なことは「地道にコツコツ」だと思うんですよね。

で、その地道さの中にある成功や失敗を糧に自分なりのブログ戦略を組み上げていく、と。

当記事の最初のほうでアクセス数はブロガーにとっての経験値みたいなものと書きました。

ブログ運営というのは成功・失敗といった経験値を集めながら、ブログおよびブロガー自身を育成するゲームのようなものなのかもしれません。

えらく自由度が高くて、やたらと難易度が高いあたりが玉に瑕ですが。

ブログを運営する上で役立つ考え方やテクニックが満載な本です。私も参考にさせてもらっています。

 - ブログ運営 ,