黒色ワナビーの住処

フリーゲーム・ブラウザゲームをやりながら筋トレで体を鍛えるブログ

15分で支度しな! 『インスタントヒーロー』で即席勇者を育てて見た!

      2016/03/13

即席麺では「サッポロ一番 ごま味ラーメン」が好きなkurowana256です。

短い時間にサクっとプレイ出来て、それでいてやりこみ要素満載のゲームを見つけたので紹介したいと思います。タイトルは 『インスタントヒーロー』。

例によって例のごとく発見したきっかけはニコニコのゲーム実況動画だったりしますが、まぁ悪しからず。

インスタントヒーロー01

 

スポンサーリンク

 

ゲームの粗筋については「15分後に魔王が世界を滅ぼすから、それまでに戦力を整えて魔王城にカチコミ掛けるよ、夜露四苦!」みたいな感じ。

15分という時間制限がある中、フィールドを巡りながら装備を整え、仲間を集め、本棚の本を読み漁り、食卓の料理を盗み食いし、畑の野菜を食い散らかして主人公を強くしましょう。

そう。この主人公は食えば食うほど強くなるお前はどこのメルエムさんだ。

上記のような15分間の育成・強化パートの後は、魔王城への侵攻パートへと移行します。

こちらは一般的なRPGのダンジョン攻略と同じですね。通常のRPGと異なる点はモンスターを倒しても味方のレベルアップが出来ないところ。

主人公らを強化出来るのはあくまで最初の15分間だけで、その後の魔王城攻略パートでは一切の能力上昇・装備強化が出来ません。

こういった見返りの無い戦闘を繰り返さないといけないダルさは多少気になるところ。この辺り、魔王城のエンカウント率がやや高めなことと相まって若干ゲームのテンポを悪くしてしまっています。

とはいえ、そういったマイナス要素以上に前半の強化・育成パートが面白いです。限られた時間内で効率よく主人公を強化するために、必要なアイテムを厳選したり、ダンジョン内の抜け道を探したりと、予想以上にやり込めます。意外なほどにハマります。

インスタントヒーロー02

ゲームシステム的にミニゲームのようなものをイメージされる方も多いかと思いますが、本作は世界観やキャラクター設定もそれなりに考え込まれているようです。町の図書館にある本を読むことで、本編シナリオでは直接語られることのなかった登場人物たちの生い立ちを知ることが出来るでしょう。

もっとも、そんなことをしていたらすぐにタイムオーバーになるのですが。情報収集目的のプレイと攻略目的のプレイは分けたほうが無難なようです。

1プレイあたりの時間は育成15分・魔王城15分といった具合に30分もあれば足りるのですが、もっと強い装備を!もっと強い仲間を!と探しているうちに何周もプレイしてしまいました

特に仲間探しはトゥルーエンド達成の条件にもなっているため必死でしたね。ギルドマスターを仲間にする条件に気づけなくて苦労したなー(遠い目)

最終的には主要キャラを全員仲間にし、全ての伝説の装備を揃えるところまで進めました。いやぁ、なかなか楽しめました。

限られた時間の中で行動を取捨選択していくのが楽しい本作品。まるで一工夫加えた即席麺のようにお手軽さと面白さが両立しているゲームです。

興味をお持ちいただけたかたは、是非ダウンロードして遊んで見てください。

インスタントヒーローのダウンロードはこちらから。

——追記——
インスタントヒーローの攻略記事をこちらにアップしましたので、宜しければドウゾ。

 - フリーゲーム , ,