黒色ワナビーの住処

フリーゲーム・ブラウザゲームをやりながら筋トレで体を鍛えるブログ

島倉さんのご冥福を祈る | 新聞コラム斜め読み-2013年11月9日-

      2015/05/20

自由に使える時間が増えると逆に作業が滞るダメ人間。それが私。
そんなこんなで普段以上にざっくりぼんやり曖昧模糊な感じになるがご容赦を。
とはいえ、取り上げる内容を考えれば、いい加減な気持ちで記事を書くわけにもいかないわけだが。

前置きはこれくらいにするとして、演歌歌手の島倉千代子の訃報が昨日届いた。
本日の新聞コラムは、この悲しみを伝えるものが多いようである。

主要紙に限定しても(例のごとく読売は除く)、朝日新聞・毎日新聞・日経新聞が島倉さんの逝去に触れている。
子供時代の怪我や、巨額の借金、がんとの闘病生活。どのコラムも彼女の波乱万丈な人生を振り返りながら、その天真爛漫な人柄を思い、故人を偲ぶ内容だ。

島倉さんと親交の深かった山田邦子さんやコロッケさんからも悲しみの声が届いている。この二人をはじめ、様々な場所・様々な人にモノマネをされた島倉さん。これも彼女が愛された証のひとつと言えるだろう。

故人の冥福を祈りたい。

以下、本筋とは関係のない蛇足。

島倉さんの代表曲と言えば「人生いろいろ」だが、自身の答弁の中で「人生いろいろ、会社もいろいろ、社員もいろいろ」と語った小泉純一郎元首相の脱原発発言が色々と波紋を呼んでいるようだ。

トルコなど海外への原発輸出を推進する現安倍政権とは完全に立場を異にした形になる。中でも息子の小泉進次郎さんの立場は複雑だろう。政府の一員として安倍政権の方針に従うとのことだが、父と政府の間での板ばさみの中でいかなる振る舞いを見せるのだろうか。

「人生いろいろ、親子もいろいろ、政治家もいろいろ」ということで、自らの信念を貫いてくれることを期待したいところだが。

 - 新聞コラム , ,