黒色ワナビーの住処

フリーゲーム・ブラウザゲームをやりながら筋トレで体を鍛えるブログ

『積層グレイブローバー』の攻略メモ

      2015/06/18

『積層グレイブローバー』紹介記事を書いてから大分経っていますが、ここらで一つ攻略メモでも書いておこうかと。

取り扱う内容上、ネタバレ要素を含みますのでご理解ご了承のほどを。

 

スポンサーリンク

 

積層グレイブローバーの攻略メモ

レベル・スキル関連

探索を終えるごとにレベルがリセットされる仕様上、深い階層に潜る際には、スラムにいる男と女から経験値およびSPを購入することは必須となります。

基本的にその時点で買うことが出来る一番効果の高い経験値をパーティーメンバーにそれぞれ一つずつ与えてあげれば、雑魚相手の戦闘において手足も出ないという状況は無くなるはず。

SPに関しては経験値を購入後、レベル上昇による獲得SPだけで必要スキルを賄えなければ追加購入する感じで問題ないかと。

この際に考慮すべきポイントですが、序盤はレベルアップに必要な経験値が少ないためSPを購入するよりかは経験値を追加購入してSPを確保した方が効率がいい場面が多いです。

逆に終盤はレベルアップに必要な経験値上昇に伴い、要求されるお金も馬鹿にならなくなるため、経験値の購入は一人一つに抑え、SPを多めに購入するよう調整した方が無難です。そうしないとまず間違いなく赤字になります。

またスキル編成に関してですが、探索に関わるスキルはそれぞれ担当を決めて振り分けることが大前提となります。

その上で階層攻略に十分な鍵開け・罠解除が確保出来るならば識別は切ってしまっても構いません

およその目安ですが、第一階層攻略に必要な探索レベルは4前後、第二階層ではレベル8前後、第三階層ではレベル10、第四階層ではレベル15(テトラの能力で探索レベルが2倍になりますので、スキル編成で必要となるレベルは7~8あたり)、第五階層ではレベル20(同じくスキル編成で必要となるレベルは10)あれば、探索時の宝箱開けで失敗続きという事態は避けられると思います。

あと注意すべき点としては、探索スキルと戦闘スキルの両立は困難なので、ダンジョンに潜る際は資金稼ぎ目的なのか、ボス攻略目的なのかはきっちり分けたほうが良いでしょう

この辺りのポイントを抑えた上で、きちんと宝箱を回収しながら進めていけば、ダンジョンに潜った結果が赤字になってしまうという事態は避けられるはずです。

能力・装備関連

レベルを引き継げない本作において、恒常的に能力をあげようと思えば各種ハーブに頼ることになります。資金に余裕があるならば、なるべく早い段階で栽培棚を設置しておきましょう。

また酒棚の設置も序盤の内に済ませておくべきです。
設置さえしてしまえば、一回200Bcから400Bcの支出で、各能力を10%~20%向上させることが出来ます。
この20%アップという数字は終盤になればなるほど大きく作用します。十分に育った墓荒らしに対して用いれば、装備の有無以上に大きな差となって現れるでしょう。

装備に関しては無理にショップで買い揃える必要はありません。探索中に武器・防具を入手することも出来ますし、レベルさえ十分ならば前階層の装備でも雑魚相手には十分です。

まぁ、ボス攻略目的のダンジョンアタックならば、相応の装備を揃える必要はあるでしょうが。

ボス攻略について

基本的には裏通りにいる女のアドバイスを元に戦略を組み立てていくことになります、が。

実は本作ボスの状態異常耐性は全体的にガバガバです
各ボスの状態耐性を下に示しておくと、
(数字が小さいほど効きにくい。記載のない状態異常は100%効く?)

蛮王ベヒモット:盲目75%、睡眠75%
焼王ムスペル:盲目75%、封魔50%、睡眠75%
零王レヴィアタン;盲目75%、封魔75%、睡眠75%
裁王シャンゴ:毒50%、封魔75%、睡眠75%
処刑する者:盲目50%
審判する者:封魔50%
覇王ヴリトラ:毒50%、盲目25%、睡眠50%

とまぁ、程度の差こそあれ全てのボスに対し全ての状態異常が効くことが分かります。

魔法を封じると暴走して強力な物理攻撃をしてくるタイプのボスに対しては、封魔後に盲目を掛けるなんてやり方もありますし、毒の状態異常は全てのボスに対して優秀なダメージソースとなるでしょう。

多少運ゲーになりますが、「眠煙玉」を買い貯めしての睡眠ループ(睡眠→攻撃→睡眠。睡眠後にTP稼ぎの防御を入れても良い)によるハメプレイなんてやり方もアリです。

パーティメンバーについて

まぁ、基本的には好きなキャラクターを使っていけばいいのですが、本作ではTPが必要となるスキルが多く、短期決着となる雑魚戦でスキルを使っていくことは現実的ではありません。

ボス攻略を目的としたダンジョンアタックにおいて、ボスの弱点を突けるスキルを持ったメンバーをチョイスすることは妥当な判断ですが、資金稼ぎを目的としたダンジョンアタックにおいては、物理特化型のパーティを組んだ上で「レベルを上げて物理で殴る」が大正義です。

それでも攻略が難しい人へ

Ver1.03よりEasyモードが追加されています。Easyモードでは探索が終わってもレベル・SPがリセットされずに引き継がれます。

旧Verでプレイ中の方は、最新Verをダウンロードした上で旧Verフォルダ内にあるSaveフォルダを新Verのフォルダへ移植すれば、セーブデータを引き継ぐことが出来るので、プレイに詰まっている方はアップデートも検討されてみてはどうでしょうか。

ちなみにEasyモードに変更すると、経験値およびSPの購入が出来なくなりますので、ストーリーがある程度進んだ状態でEasyモードに切り替える場合は、事前に経験値、SPを購入、使用した後にモード切り替えを行うことをオススメします。

本記事が皆様の『積層グレイブローバー』攻略の一助となることを願っています。

 - フリーゲーム , ,