黒色ワナビーの住処

フリーゲーム・ブラウザゲームをやりながら筋トレで体を鍛えるブログ

【艦これ】2016夏イベ!E4南西海域 マラッカ海峡沖の攻略と感想

   

2016夏イベクリア画面

ずいぶんと長いことブログを放置していたので、リハビリも兼ねて艦これ夏イベE4の攻略記事を書く。

今回のイベントは中規模イベントということもあり、すでに攻略完了している提督も多いため、基本的な攻略情報については、ほぼほぼ出尽くしているといえるだろう。

この記事では既に出回っている、ある程度確実性の高い攻略情報に加えて、私個人がプレイをしたうえで感じた感想や、今後のイベント傾向などに関する考察などを書いていこうと思う。

E4南西海域 マラッカ海峡沖の攻略

海域情報とギミックについて

夏イベマップ

上の画像がE4の海域マップ。

2箇所あるスタート地点は、空母機動部隊の場合は1番(上側ルート)、水上打撃部隊の場合は2番(下側ルート)といった具合に分かれている。

どちらの編成でも攻略可能であるが、道中の空襲マスでの事故を減らすために制空・対空値を確保したい点、空母群の火力が優秀である点などを踏まえると空母機動部隊のほうが攻略は楽だと思われる。詳しくは後述。

気になるボス弱体化ギミックだが、この海域にも存在している。

解除条件として有力なのは、C・D・H・I(上の画像で緑色で囲った部分)のすべてのマスでS勝利を取ること。これらのマスでS勝利を達成してから母港に戻ると、任務達成時のSEが鳴り、ボス到達時のセリフが微妙に変化する。

これがギミック解除の合図となり、以後ボス編成の装甲が弱体化。攻略が非常に楽になる。

ギミック解除のための対象マスについては、まだ多少不確定な部分があり、C・H・Iの3マスのみの勝利で解除されたという人もいれば、D・H・Iの3マスで解除を確認したという人もいるようだ。

いずれにしてもJマス以前の海域前半部分がギミック解除の鍵となっていることは間違いないので、上記の3マスないし4マスを試してみて、駄目だった場合は他のマスも塗りつぶすつもりで挑んでみると良いだろう。

ギミック解除時にネックとなるのが、港湾夏姫-壊、集積地棲姫-壊が出てくるIマスだ。対地装備を準備しておかないとなかなかS勝利を取ることはできないので、本格的なボス攻略をはじめる前に対地戦闘を重視した編成でIマスS勝利に挑むことをオススメしたい。

E4攻略のオススメ編成

前述したように空母機動部隊での攻略がオススメ。

編成例としては、

第一艦隊:戦艦、正規空母×4、速吸
第二艦隊:軽巡、重巡、駆逐×3、雷巡

みたいな感じで。

速吸が入っているのはボス前で洋上補給を行うため。

今回の海域では最短ルートを通ったとしてもボス戦開始時点で5戦目相当の燃料・弾薬ペナが掛かってしまう。

この状態ではいくらギミック解除で装甲が弱体化しているとはいっても、ある程度乱数が味方しなければボスの装甲を抜くことができず、運ゲーの要素が強くなる。

一方、洋上補給を行い、燃料・弾薬ペナを軽減することができれば、比較的安定した確率で姫クラスの装甲を抜くことができるようになる。

必須ではないが、あればかなり楽になるので、速吸を持っており、洋上補給が余っている提督はぜひ使用を検討してもらいたい。
(洋上補給の数が心もとない方は、削り時は使わず、最終編成になってからピンポイントで使うなどの運用もオススメ)

第二艦隊については、夜戦で姫クラスの装甲を抜くことを念頭に、カットイン装備で固めるとよい。

ただし、道中の空襲マスでの事故が多いのであれば、駆逐艦のうちの一隻を対空カットイン仕様に変更するのも有効と思われる。

夜戦火力が減るため決定力にはやや欠けるが、道中の安定性がだいぶ改善する。こちらも削り段階と最終編成段階で使い分けるとよいかもしれない。

なお、第二艦隊に戦艦を入れたり、雷巡を二隻以上入れたりすると、最短ルートから外れるようなので注意。

基地航空隊の運用について

前回のイベントで良くも悪くも大変な猛威を振るった基地航空隊だが、今回のイベントでもその重要性は変わらない。

とはいえ、E4のボスについては前回イベントのような空爆特効はないようなので、無理にボスマスに航空隊の攻撃を集中させる必要はない。

むしろIマスの姫2人を空爆で沈黙させることのほうが重要なので、基地航空隊は思い切ってIマスに集中させてしまうのがよいかと思われる。

夏イベ攻略のまとめと感想。そして妄想

ここまでの攻略情報を簡単にまとめる。

  • ギミック解除条件は、C・D・H・Iの4マスでS勝利を取るというのが有力
  • 編成は空母機動部隊がオススメ
  • 洋上補給が余っている人は、速吸の使用をオススメ
  • 第二艦隊は夜戦カットイン装備で。ただし道中安定を優先するなら、一隻を対空カットイン仕様にするのもアリ
  • 基地航空隊はボスマスよりもIマスに出したほうが効果的

以下、今回のイベントの感想。そして今後の展開に関する妄想。

全体を振り返ってみると、中規模イベントということもあり、前回のイベントよりかは楽に攻略できた印象。(というか、春イベが酷かった……)

今回のイベントを攻略していて感じたのは、最近のイベントマップ(特に最終海域)は、ボスまで何マス掛かるのか、到達までに何回戦闘があって、燃料・弾薬をどれだけ消費するのかということを今まで以上に意識しないといけなくなってきたなということ。

燃料・弾薬ペナについては艦これ開始直後からあったシステムだけど、これまでのシステムではこの燃料・弾薬ペナについてユーザー側が直接介入することができなかったし、意識することも薄かったと思う。

2-4マップを思い出してほしい。あの海域はボスへの到達手段が3ルート用意されているが、そのうち1ルートは道中5戦でボス到達時には燃料・弾薬が尽きているという実質の外れルートだった。おまけにこれら3ルートの分岐はランダムとなっており、初期の艦これでは道中の燃料・弾薬の消費についてユーザー側への介入手段が一切用意されていなかったことが伺える。

その後、索敵値や史実編成によるルート分岐・ルート固定が導入され、ユーザー側の判断で移動ルートを選択できるマップが増えてきた。

これによりルート選択を通じて、道中の燃料・弾薬消費に対する間接的な介入手段を得たわけだが、この時点ではあくまで燃料・弾薬の消費コントロールについてはオマケ的な扱い。

実際のところは過去マップにおけるランダム分岐・ボス前逸れに対するユーザーからの反発を回避するために導入されたという側面が強いだろう。

このあたりまでは道中における燃料・弾薬の消費量は運営側のマップ設計に左右されるものであり、ユーザーサイドの戦略でどうにかなるものではないという認識が一般的だったろう。

状況が変わり始めたのは2015年夏。給油艦・速吸が実装されてからだ。

装備アイテム洋上補給を持たせることで、戦闘海域上であっても艦隊の燃料・弾薬を回復させることができる特殊艦。この艦の登場により、ユーザーは道中における燃料・弾薬消費に対して、初めて直接的な介入手段を持つことができたといえるだろう。

実装当初は、洋上補給の発動条件が艦隊の資源残量が25%以下になった場合に自動発動するという扱いづらい代物だったため、そこまで評価も高くなかったと記憶しているが(仕様を熟知した熟練提督の間では早い段階から速吸を使いこなしている人もいたが、全体としてはほとんど使われてなかった印象)、2016年4月のメンテで洋上補給の仕様が変わってからは、じわじわと評価が上がり続け、今では燃料・弾薬ペナを能動的に回避する手段として、かなりたくさんの人が使用している印象だ。

加えて、前回イベントで導入された基地航空隊システムでは、各航空機に戦闘行動半径という新たな能力値が追加された。

これは基地航空隊の編成によって、出撃できる範囲が長くなったり、短くなったりするというシステムだ。

艦隊の燃料・弾薬の消費に関わるようなシステムではないが、海域マップにおける行動範囲をユーザー側の戦略で設定できるという点においては、これまで見てきた戦闘海域における移動ルート・消費資源量の選択を、運営側からユーザー側へと移行させてきた流れに沿っているともいえる。

恐らく、今後もこういった流れは続くと思われ、艦これユーザーはこれまで以上に戦闘海域における資源消費、ひいては航続距離や補給線といったものに注意を払わなければならなくなるのではなかろうか。

ここから先は完全な憶測だが、艦これ運営は、いずれかのタイミングで補給線の維持に失敗した史実日本軍の再現がしたいのではなかろうか?

そのときに備えて、補給や行動範囲に関連する各種システムを徐々にユーザーサイトに移していっているのでは?

とまぁ、いろいろと妄想してみたけども実際にはゲームのマンネリ化を防ぎつつ、ユーザーからの運ゲー批判を回避するために少しずつユーザーのコントロール領域を増やしていってるといったとこなんだろうね。

コントロール可能なファクターが増えて戦略性が上がるのは良いのだけど、それに伴って面倒くささも上がっているというのが最近の艦これの実情な気もしますが、さて、今後はどうなることやら。

話は変わりますが、Warspiteさんのおみ足に踏まれたいです。
どうしたらよいでしょうか?

Warspite

 - ブラウザゲーム ,