黒色ワナビーの住処

フリーゲーム・ブラウザゲームをやりながら筋トレで体を鍛えるブログ

艦これ2016冬イベの攻略情報と感想

      2016/03/10

堀も含めた攻略が完了しましたので、感想などを交えつつ冬イベ攻略情報をつらつらと。

小規模イベントということもあり、すでに相当数の提督がイベント攻略を終えているなか、いまさら攻略情報をあげることにどれほどの意味があるのかは分からないけど、とりあえず書いておく。書くったら書く。

各海域の攻略情報をサックリとまとめさせて頂くので、冬イベを今から攻略される方で、どんなものなのか概要を知りたいという方には需要があるかと。

スポンサーリンク

 

『出撃!礼号作戦』攻略情報まとめ!

E1 【主作戦】カンパン湾沖

艦これ冬イベE1マップ

E1攻略雑感

対潜水艦マップ。ボスは秋イベで猛威を振るった潜水棲姫(グラーフ堀的な意味で)

対潜装備の確保・改修が済んでいる提督にとっては楽勝な海域。逆に対潜装備の備えが不十分だった場合には、相応の苦戦を強いられることになると思われる。

十分な数の対潜装備が揃っていない場合は難易度を下げることも検討すべきだが、海域クリア報酬の『16inch三連装砲 Mk.7』を入手できるのが甲難易度のみというのが悩ましいところ。

ルート分岐については、普通に組めばBFDJの最短ルートを通るので特に考慮しなくても大丈夫だろう。

一応、霞を旗艦にすることで初手分岐がAになり、最初の敵が若干弱くなることと、軽空母の数が多すぎると(3隻以上?)ボス前の分岐で反れるそうなので、そのあたりだけ覚えておけば問題ないと思われる。

大外を迂回するルート(水母棲姫との戦闘あり)がギミック解除に関わっているという説もあるが、基本的には無視でOK。ギミックを解除しなくとも編成・装備を整えれば十分ボス撃破可能なので。

編成についても戦艦(2巡化用)と最小スロに彩雲をつんだ軽空母(索敵稼ぎとT字不利回避)を入れておけば、あとは適当な駆逐・軽巡に対潜装備ガン積みするだけで大丈夫。

結局のところ対潜装備が揃っているかどうかだけがポイントで、それ以外については特に頭を悩ませるところはない。

海域クリア報酬

甲作戦:給糧艦「間宮」、給糧艦「伊良湖」、戦闘糧食×2、応急修理女神、16inch三連装砲 Mk.7

乙作戦:給糧艦「間宮」、給糧艦「伊良湖」、戦闘糧食×2、応急修理女神

丙作戦:給糧艦「間宮」、給糧艦「伊良湖」、戦闘糧食×1

ドロップ艦娘

海風 江風 矢矧 大淀、瑞穂【Jマス(ボスマス)】
秋月 大淀 瑞穂【Iマス(水母棲姫マス)】

 

E2 【主海域】オートロ島マーマレード湾沖

E2攻略雑感

艦これ冬イベE2マップ

礼号組大活躍マップ。

スタート地点が2箇所あるが、戦艦・空母を含まず駆逐3隻以上の軽編成ならば上、それ以外の重編成ならば下という認識でいれば大体OK。

消費が軽くて道中の敵も弱いがボスの体力を削るのに苦労する上ルートと、重編成でゴリ押しできるが道中の敵がそこそこ強く大破撤退も頻発する下ルート、どちらも一長一短あるので選択についてはお好みで。

個人的には上ルートで試行回数を稼ぐほうが消費資材的にはマシと感じた。

なお、礼号組(霞、朝霜、清霜、大淀、足柄)のうち4隻以上含む編成はAEIJMOの上・上ルートで、若干道中が楽になる。とはいえ、そこまで大きな差ではないので、礼号組が育っていない場合は無理に使わず、その他の艦で上・下ルートを利用しても十分攻略可能。

ボスは今回イベント初登場となる集積地棲姫。ゲージ破壊時には集積地棲姫-壊となる。

集積地棲姫-壊

みなさん、眼鏡棲姫、眼鏡棲姫と、眼鏡ばかりに注目がいっているようだが、個人的にはヘッドホン娘というところにポイントを感じる。若干、腐女子っぽいのも実よい。

能力的には高い耐久(通常時で600、最終編成時で480)が目をひくが、装甲はあまり高くなく、三式弾特効・WG42特効があるため見た目ほど硬くはない。

高火力重巡の夜戦連撃がクリティカルで回れば、1撃(2撃?)で落とせる程度のものなので、最後まであきらめずにガンガン攻めていこう!

オススメ編成としては、駆逐3・軽巡1・重巡or航巡2あたりで、重巡に三式弾を持たせておけば多分どうにかなる。WG42特効についてはそこまで大きな効果は見込めないのでお好みで。使用する場合は4スロ軽巡に乗せると良いかと(主砲・主砲・WG42・WG42の組み合わせで)

海域クリア報酬

甲作戦:駆逐艦「初月」、勲章、改修資材×8、洋上補給×2、熟練搭乗員
乙作戦:駆逐艦「初月」、勲章、改修資材×5
丙作戦:駆逐艦「初月」、勲章

初月

E2クリア報酬の初月ちゃん。露出は最小限なのに妙な色気を感じる僕っ娘だ。

同型艦の秋月が再登場までに1年の月日を要したことを考えると、この子も再登場まで時間がかかることが予想される。くれぐれも誤解体には注意したい。

イベントは新規艦娘をロックするまでがイベントです。

ドロップ艦娘

野分、沖波、大淀、天城、明石【Oマス(ボスマス)】
磯風、天津風、秋月、時津風、明石【M・Nマス(ボス前マス)】

 

E3 【Extra Operation】北海道北東沖

E3攻略雑感

E3マップ

冬イベ最終海域。とはいうものの、輸送作戦と敵本体撃滅の2作戦をこなさなければならないので、実質2海域分だが。

最初の輸送作戦は前回の秋イベと同様に輸送ゲージ削りを目的とした作戦。基本は第一艦隊にドラム缶・大発動艇を積んで、第二艦隊でボス撃破(正確にはA勝利以上)を狙えばOK。

ボス戦勝利を安定させるために航空優勢が欲しいところなので、航巡の瑞雲の数を増やしたり第一艦隊に烈風を搭載したあきつ丸を加えるなどして調整したい。

道中の潜水艦はガン無視でかまわないが、雷撃による道中撤退が多いようなら駆逐艦の3スロ目を対潜装備にするのも可。

いずれにしても対ボス火力が不足しがちなので、決戦支援はしっかりと出しておきたい。

輸送作戦が終わったらいよいよ本番。敵本体の迎撃戦だ。

水上打撃部隊と空母機動部隊のどちらを選ぶかによってスタート位置が異なるが、道中の難易度を考えるに、ここでは水上打撃部隊を用いた上ルートでの攻略を推奨したい。

空母機動部隊を選んだ場合に比べて道中の被弾が抑えられる点と、初手分岐で下を選べば道中確定3戦でボスに挑めるため、弾薬マイナス補正なしでボスに挑める点が大きな魅力だ。

気になるボス編成は、新登場となる重巡棲姫に加えて、もはやイベントの定番となりつつあるダブルダイソン(戦艦棲姫×2)、さらに最終編成では新型艦載機を装備した空母棲姫がこれに加わる。

重巡棲姫

過去最凶クラスの敵布陣であるが、こちらもマイナス補正なしで戦えるため案外どうにかなる。

小細工なしの真っ向勝負といった感じで、個人的にはなかなか燃える海域だった。反面、装備や編成を試行錯誤したり、ギミックを解除することに楽しみを感じるような人にとっては、やや単調な海域に感じられたかもしれない。

編成については各人の持てる最大戦力をぶつける感じで。大和型を持っている人は出し惜しみせずに投入しよう。雷巡も使用可能なので、積極的に投入したい。イベントにおける北神さまとマイフェイバリットレズビアンは大正義である。

その他のポイントとしては、ボス戦で航空優勢を取れるように制空値を調整することも大事だ。3スロット程度を烈風用に割り当てれば安定して航空優勢が取れると思う。

また、装備については命中補正付きのもの、改修済みのものを積極的に採用したい。連合艦隊における命中率低下を補う意味でも、改修装備の命中補正は重要である。

参考として私のE3攻略時の編成をさらす。

E3攻略編成

ところどころ趣味が入っている編成なので最適解というわけではないが、部分的でも参考になるところがあればと思う。

っていうか、最近のイベントやってて思うのは装備改修って大事だな~と。

上記編成はうちの艦隊の中ではイベント攻略の常連で、錬度的にはそこそこのものだと自負してるんだけど、装備の改修具合を見るとまだまだ詰めが甘いなぁ、と。

最近はデイリー任務をサボってしまうことも結構あったんだけど、今後はデイリーの改修任務とかも積極的に行なわないと厳しいかもしれない。

1日1個とはいえ、3ヶ月間毎日コツコツやればネジ90個分の差になる。こういったイベント準備期間の過ごし方が、甲難易度攻略にあたっては結構大きな差となっているように感じる。

とりあえず主砲系と魚雷系はもう少し改修しときたいなぁ。五連装魚雷にいたっては、そもそもの数が足りていないし。北上牧場の開設も検討すべきか。

盛大に脱線してしまったが、先に述べたように今回の最終海域は力と力の真っ向勝負といった側面が強い。

全力の編成で挑み、見事勝利を掴み取っていただければと切に思う。

海域クリア報酬

甲作戦:重巡洋艦「Zara」、勲章x2、Ro.43水偵、甲種勲章
乙作戦:重巡洋艦「Zara」、勲章x2、Ro.43水偵
丙作戦:重巡洋艦「Zara」、勲章x1

ZARA

一見して駆逐艦と見紛うイタリアロリ重巡、ザラちゃん。
顔は童顔だが、スタイルは良好。気になった人は図鑑画面でそのおみ足を拝見するといい。

能力値についてはそっとしておいて差し上げろ。

ドロップ艦娘

沖波、風雲、Prinz Eugen、秋津洲、まるゆ【Sマス(輸送作戦ボス)】
野分、初風、沖波、秋津洲、まるゆ【Tマス(迎撃作戦ボス)】
Libeccio、Graf Zeppelin、まるゆ【Lマス(迎撃作戦下ルートボス前)】

 

イベントを終えての感想

感想としては、久々に純粋に殴り合いに集中できたイベントだったのかな、と。

夏イベは時限式ギミックのせいで余計なストレスが溜まったし、秋イベは輸送作戦メインで正直爽快感に欠けるところがあったので、今回のイベントは久々に艦これの戦闘を楽しめるイベントだったように思った。

出撃してしまえばあとは見てるだけという艦これの戦闘システムで、毎回毎回こんな感じのイベントをやっていては一本調子になってしまうというリスクもあるわけで、今後も何かしらのギミック追加は行なわれていくんだろうけど、たまにはこんな感じのイベントを設けてもらえると個人的にはありがたい。

話は変わるけど、ボス撃破時の台詞が徐々に核心に近づいていっている感じがしますね。

コアな部分の設定については最後まで明かさないつもりかなと思っていたけど、案外そうでもないのかもしれない。あるいは艦これというコンテンツの終わりが見え始めたか(艦これ改とか劇場版公開とかが控えているので、1年そこらで畳むつもりは無いとは思うけど)

まぁ、どんなコンテンツであれ終わるときは終わるもんだ。今はせいぜい、新しく仲間になった艦娘たちを愛でることとしよう。

ところで伊勢型、というか日向師匠の改二はまだでしょうか?

 - ブラウザゲーム ,